日本では全く存在感のないBlackBerryでSNSを見てみる

543_3

みなさんはどういったデバイスでSNSを利用されていますか?パソコンでしょうか?それとも、スマートフォンでしょうか?
特にスマートフォンは、カメラで写真を撮って近況をシェアするのにピッタリで、旅行先や休日のお出かけ時の投稿・閲覧などに活躍しているのではないでしょうか。

そして、スマートフォンと聞いて思い浮かぶのは、iPhoneやAndroidといったものですよね。そんな中、今回はいつも忘れられている“あの”スマートフォンについて、取り上げてみようと思います。

日本では殆ど見かけない…

日本でほとんど見かけることのないスマートフォン、それは・・・ズバリ「ブラックベリー」です。
実際、街中で見かけるスマートフォンの多くが、iPhoneかAndroid端末なのは間違いありません。僕自身、ブラックベリーユーザーではあるのですが、めったに同じ端末を使用している方がいらっしゃらないため、街中で使用している方を見かけた時には、妙な連帯感や親近感を感じることもしばしば…。


一時期は、海外で高機能携帯電話と言えば、ブラックベリーが代表格と言われていましたが、現在ではAndroidに大きく水をあけられる状況になっています。
日経新聞の記事によると、全世界のスマートフォンの中でAndroidが占める割合は68%、iPhoneのiOSが17%となっており、ブラックベリーは5%以下にまで下がっています。

ただ、弊社高寺の記事にあるように、インドネシアなど一部では依然大きなシェアを誇っている国も存在しています。
インドネシアでは、Facebook人口がとても多いため、ブラックベリーでFacebookを利用することも多いようです。

それでは、TwitterやFacebookはブラックベリーでどのように見えるかご紹介しましょう!
今までになく、かなりマニアックな記事となりますが、他にあまり取り上げられない内容なので…。

タイムラインの見え方は安定…Twitter

まず、Twitterです。公式のTwitterアプリを起動させると、まずはタイムラインが表示されます。
PCやiPhoneなどと同じ見え方で、特にこれといった特徴もありません。

タイムラインの上部にはアイコンが並び、ナビゲーションエリアとなっています。
左から「ホーム」「@つながり」「DM」「リスト」「トレンド」「検索」「個人ページ」の順に並びます。

メニューを選択すると下のエリアに選択したコンテンツが展開されるため、直感的に操作できる点は非常に優れています。

また、ツイートはブラックベリーマークのボタンを押すとメニューが展開しますので、その中から「ツイートを作成」を選択することで入力画面が展開されます。

使ってみて一貫して感じたのが、シンプルで使いやすいアプリケーションだということです。サクサクと動作して使い勝手もよく、癖のないアプリケーションです。

 

ナビゲーションが分かりにくい…Facebook

一方、Facebookについても公式のアプリケーションが提供されています。
しかし、Twitterとは違い、結構癖のあるものになっているのです…。

まず、アプリを立ち上げるとニュースフィードが表示され、縦にスクロールすることでさかのぼって投稿を見ることができるようになっています。
その少し上には、「写真」「ステータス」「チェックイン」というボタンが設置され、そこから個人のアクティビティを投稿することができます。

ただ、Facebookにはたくさんの機能があるはず…というわけで、メニューを開くためにどうすればいいかというと、Facebookのロゴをクリックすることでグリッド型のメニューアイコンが出てきます。これは、ちょっと分かりにくいですね。

ちなみに「いいね!」や「コメント」をするには、投稿の右側に表示される「+」ボタンを押す必要があります。分かりにくい…。

また、ロゴの並びに「お知らせ」「メッセージ」「友達リクエスト」を一括してチェックできるボタンが設置されています。これも、3つの通知が一つになっているというのが押してみないと分からず、あまり親切な作りとは言えません。

それでは、Facebookページはどのように見えるかチェックしてみましょう。Facebookページの表示は非常にシンプルです。

「掲示板」(これはタイムラインですね)、「情報」「写真」というシンプルなメニューしか用意されていません。もちろん、独自に追加したアプリページは、ここでは表示されません。


いろいろなFacebookページやニュースフィードを見ていると、「いったい自分はどこにいるのか」を見失ってしまうことが何度もありました。そこから、どうやって戻ろうかと迷ってしまいました…。

正直、Twitterと比べるとFacebookのアプリはコンテンツの整理ができておらず、ナビゲーションの不親切さと相まって、快適に使えるとはお世辞にも言いづ らいものです。初期のiPhoneアプリでも感じていた使いにくさが、そのまま改善されず放置されている印象を持ちました。また、ニュースフィードに流れてくる写真のサムネイルについてもとても小さく、クリックして拡大しないと何の写真なのかが分からないものが多くありました。

現状のブラックベリーの立場では、このアプリが積極的にアップデートされるとは考えにくいかもしれません。
FacebookやTwitterのアカウントを運用されている担当者の方は、あまり重要視する必要はないと思いますが、頭の片隅にブラックベリーでの表示について留めておいて損はないのではないでしょうか。(メリットもないかもしれませんが…)