友人に偶然ばったり会いに行く!Facebookが提供する新たな機能とは?

20151014_05

こんにちは。アクトゼロの高寺です。

例えば、夜、一人でどこかのお店で飲んでいたとします。一人で飲んでるのもいいんだけど、もしちょうど今、たまたまこの近くに誘える友人が誰か居ないかなー…、でも、別に片っ端からメールや電話で予定を尋ねるほどではないのだけれど…。

こんな時、調度良いサービスがFacebookからリリースされました。

オプトイン機能「近くにいる友達」が日本でも利用可能に

2014年9月に一部の国で利用が開始された「近くにいる友達」機能が本日より日本国内でも利用可能となりました。これは、ご自身で設定をオンにすることで利用可能となり、近くの友達や、外出中の友達を見つけられる機能です。

「近くにいる友達」機能をオンにすると、Facebook上の友達がたまたま近くにいると通知が届くようになり、連絡を取って落ち合ったり会ったりできるようになります。

(Facebook news room 2015.10.9 )

Facebook側は、映画を観に行った時、友達が近くに居ることが分かれば、一緒に映画を観たり、映画後に待ち合わせることができる、旅行中の友達の居場所が分かるので、おすすめのスポットを紹介したり、同じく旅行中の友達と現地で会うことができる、などの利用シーンを提案しています。

早速、自分のスマートフォン(Android)でも試してみました。メニュー画面を選択すると、「近くにいる友達」の項目があるので選択します。

20151014_00

そうすると、この機能をオンにしている自分の友だちが何人か表示されます。

20151014_02

自分の居場所を通知する範囲を設定することができます。この時は「友達」を選択してみました。「オンにする」を押してこの機能を実行します。

20151014_03

すると、私の友達の中で、この機能をオンにしている人の情報が出てきました。まだ、開始され始めた機能のためか、表示される人数は少なく、しばらくご無沙汰している長野や岐阜の友人も表示されていました。試しに弊社の山田にも機能をオンにさせると、ばっちりと表示されました。

20151014_04

 

一見便利な機能なのですが、このような位置情報に関するサービスでは、自分の位置情報を垂れ流しておくことに抵抗感があるのは私だけではないはずです。実際、ネットユーザー達には否定的な意見も少なくないようです。(参照:livedoor news 2015.10.13 Facebookの「近くにいる友達」機能 「余計なお世話」など否定的な意見多く

また、様々な事情で、他人に居場所が明らかにされたくない時もあるでしょう。ちょっと会いたくない友人、知人に知られたくない同行者が居る時、仮病で休んだ時、サボっている時…(笑)。かといって、こまめにオンオフしているのも何だか隠しているようで嫌ですよね…。

デフォルトではこの機能はオフになっているようですが、抵抗感のある方は念のためオフになっていることを確認してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、同じような位置情報を活用したサービスがLINEからも今年8月にリリースされています。

リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」を公開

こちらは、分かりづらい待ち合わせの際の合流に便利だったり、子どもや高齢者の居場所確認などといった活用に焦点を合わせたサービスのようです。

使い方によっては非常に便利な位置情報サービス。意図しない設定になっていないかどうかの確認は必要です。