Youtube動画上から外部サイトへガシガシ送客する方法

eyec

みなさん、こんにちは。アクトゼロのプランナーズブログ、木曜日は山田がお届けします。

企業がYouTubeなどを活用して動画マーケティングを行うことが活発化してきています。
バイラル動画という切り口で、動画のコンテンツを中心にして話題作りを行い、ソーシャルメディア等で、活発なコミュニケーションを生み出すというのがひとつの流れになってきています。しかし、YouTube上の動画からの誘導、例えばキャンペーンサイトやブランドサイトに送客するには、根本的な仕様の面で、多くのハードルが存在しています。

そういったハードルを越える手法として、とある広告の活用をご紹介します。

「Call-to-Action オーバーレイ広告」

YouTube上での広告展開というと、「プロモート動画」と言われるものが主流で、TrueViewインストリーム広告と呼ばれる、見たい動画の直前に広告動画が表示されるものが最も有名です。他にも、動画再生画面の右側に広告が表示されるTrueView インディスプレイ広告も主要なものとして挙げられます。

しかし、以前からあるのにあまり注目されていない、外部サイトへ誘導するための広告があるのです。
「Call-to-Action オーバーレイ広告」と呼ばれるもので、みなさんも下の画像のような広告をご覧になったことがあるのではないかと思います。

Googleヘルプページより引用

Googleヘルプページより引用

動画の再生中に表示されて、イメージとテキスト、URLが表示されるあれです。
YouTube動画内に表示されるAdwordsの広告とは少し違った見た目のものです。クリック等をせずにそのまま動画を再生していると、サムネイルだけでになって隅の方に格納されます。

実はこれ、インストリーム広告やインディスプレイ広告とはまったく異なり、Adwordsで設定するのではなくYouTube側で設定するものなのです。

この「Call-to-Action オーバーレイ広告」は、その広告を設定した動画が再生された際に表示され、指定した外部サイトに飛ばすことができます。
しかも、クリックされたとしても課金されません。つまり、利用は無料。ただ、「プロモート動画」を使用していることが前提で、あくまでも動画広告のオプション的な位置づけだとお考えください。

また、「プロモート動画」と異なるのは、チャンネル内で再生されている場合や、検索で辿り着いた場合など、有料で再生される以外の場合にも、表示されるのが特徴です。
 つまり、限りなく低予算でも「プロモート動画」広告を実施さえしておけば、動画内に外部サイトへの誘導を付けることができるのです。

さぁ、今すぐはじめよう

すでにYouTube動画を使った動画キャンペーンを実施していれば、すぐに始めることができます。
YouTube側の設定情報を簡単にご紹介します。

プロモート動画として設定しているYouTube動画の設定ページにアクセスします。
動画の設定項目の中に、「Call-to-Action オーバーレイ」というメニューがありますので、そこから設定を行います。
「情報と設定」の画面の中ほどに、「基本設定」等のメニューの一つとしてタブが付いています。

001

設定の内容は、Adwordsの広告設定に慣れていれば、特に目新しさのない項目といえます。指定できるURLは一つのみで、ひとつの動画に対してひとつのオーバーレイ広告を設定できます。

002a

広告タイトル テキスト: 1 行(最大全角 12 文字(半角 25 文字))
広告テキスト: 2 行(各行最大全角 17 文字(半角 35 文字))
表示 URL: オーバーレイでユーザーに表示される URL
リンク先 URL: オーバーレイのリンク先 URL。外部サイトへのリンクまたはリダイレクトを使用。
サムネイル:74×74 (JPG もしくはGIF)

以上の項目に入力すれば、設定が完了です。
ちなみに、「携帯端末で有効にする 」という項目があることからもお分かりいただけると思いますが、スマートフォン等の携帯端末で閲覧する際にも表示されます。

このように、とても簡単に利用することができる「Call-to-Action オーバーレイ広告」なのですが、昔からある機能にしては、日本ではあまり使われていない印象です。
恐らく、動画広告を設定する「Adwords」上にはないことから、多くの方が見逃してしまっているのではないかと思っています。

YouTube動画上から外部にリンクできる手段でありながら無料で使えることから、送客の形として有効な機能であることは間違いありません。
インストリーム広告やインディスプレイ広告を実施される際に、併用を検討してみてはいかがでしょうか?

アクトゼロ / 山田