amazon

アマゾンの新しい取り組みがいろいろすごい。

eye

 アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。

自宅にいながらなんでも手に入るネットショッピングサイトは無数に存在していますが、日本市場を二分するプラットフォームといえば、やはり楽天とアマゾンのおなじみ二強ですね。
より安く、より早く、より便利にと切磋琢磨する両サービスですが、今年のアマゾンはこれまで以上に、新しいサービス展開を積極的にリリースしている模様。
まだ日本では未対応のサービスもありますが、今週はそんなアマゾンの新しい試みについてご紹介します。

検索不要!画像のスキャンで商品を割り出す「Flow」

1

 

正式名称がわからなくても、現物をカメラでスキャンするだけでアマゾンが商品を探してくれる新機能「Flow」が、iOS向けアプリとしてリリースされました。
バーコードなどの登録情報に紐づいた検索ではなく、外観の色形で商品を検索、商品詳細ページまで導いてくれるすごい仕組みです。

使い方は、専用アプリを立ち上げ、iPhoneカメラに対象商品を映すだけ。
最速1秒ほどで商品の外観を認識し、画面下部に商品詳細ページへのリンクが表示されます。

Photo: Ariel Zambelich/WIRED

 

こちらのアプリ、残念ながらまだ日本未対応のサービスですが、「Amazonモバイル」アプリ上で利用国を「United States」に変更することで、確認することができるようです。
近々国内対応されそうですね。ちょっと使ってみたい…。

Amazonヘビーユーザー超お得。ポイントがアマ券になる公式クレジットカード

3

今月三日、三井住友カードとアマゾンジャパン株式会社が、「Amazon MasterCard」の発行を開始しました。
カード表面はおなじみAmazonの段ボール箱をイメージしたデザインになっています。
Amazon公式クレジットカードって、今までなかったのが不思議なくらいですね。
Amazonでのショッピング決済で1.5~2%、外部利用でも1%のポイントが溜まります。
溜まったポイントは10ポイント=1円の換算で、25,000ポイント毎にAmazonギフト券に交換されるとのこと。
日用品から食品、家電や書籍まで、Amazonで済ませるヘビーユーザーはかなりお得に利用できる仕組みになっていますよね。

4

 

カードの種類はクラシックとゴールドの二種類。
クラシックカードは年会費無料(初年度無料、翌年度は前年未利用の場合のみ年会費1,200円)、ゴールドカードは10,000円です。ゴールドカード会員には特典として、「Amazonプライム」の利用権が与えられます。

注文する前に商品を先取り配送!?

5

 

なにがなんだかもうよく分からない域に達してきましたが、ユーザーが注文ボタンを押す前に、先回りして商品を発送してしまおうという試みを米アマゾンが検討していると、米「Digits」が発表しました。
ユーザーの購入履歴をはじめ、商品を閲覧していた時間や、マウスカーソルの滞在時間(ヒートマップ的なあれです)などを総合的に解析し、購入の確率が高い商品を先んじてセレクトしてくれるとのことです。
注文してないのに商品が届くってどういうことなの…と不安になりますが、あくまでも商品の配送先はユーザーの居住地最寄の拠点かトラックとなっており、厳密には「来るであろう注文に備えて待機」しておくというサービスなのですね…。
便利、といえば便利かもしれませんが、いくらなんでもちょっと怖いような…。

さいごに

いかがでしたか?
Amazonを頻繁に利用される方なら、お得なクレジットカードは必携ではないでしょうか。
想像もつかないようなサービスの提案は、やはりAmazonが一歩前に出ている印象ですね。
先取り発送については先を行きすぎていて、なんだか実感が湧かないというのが正直なところですが…

注文した商品が一時間後には手元に届くようなスピード感が、ネットショッピングの常識になる日も近いのかもしれません。