あらゆるものが動き出す!?本格的な動画時代が到来するかも

eyec

こんにちは、アクトゼロの山田です。

ふと最近実感したことは、インターネットを利用する中で、動画を目にする機会が爆発的に増えているという事。
YouTube等の動画サービスは以前より人気があり、インターネットを通じて動画を見ることは日常になりました。ただ、そういった動画サービス以外の場所にも、じわじわと動画が浸透してきており、気付けばあらゆるところで見かけるようになりました。

その筆頭と言えるのが、FacebookやTwitter等のソーシャルフィード上です。
写真とテキストが中心だったニュースフィード(タイムライン)に、企業だけでなく個人のアカウントでも動画が投稿されるようになりました。
高品質なカメラを搭載したスマートフォンが多く普及し、撮影してそのままSNSで共有できるようになったことが大きく影響していると言えます。

001

ちなみに、9月に発売された新型iPhoneではカメラの性能が格段にアップし、スマートフォンでありながら4Kの動画撮影に対応しています。
日本でのシェアが圧倒的なiPhoneだけに、動画のさらなる盛り上がりに貢献することは間違いないのではないかと思います。

と、少し話がそれましたが、このインターネット上での動画という存在が、また新たな場所へ進出を始めているのです。

Facebookの新プロフィールページ

まず始めはFacebookで、新たなプロフィールページを発表しました。
新プロフィールページの目玉機能は、プロフィール画像に動画が使えるようになったことと、期間を限定して特定の写真や動画の設定ができるようになったことです。

期間限定の設定はひとまず置いておくとして、動画を使えるようになることは少し予想外の展開かもしれません。
一枚の写真を作り込んで自己を表現するというプロフィール画像に(カバー写真と組み合わせるというのも流行りました。)、ストーリー性や動きを持たせられる動画ならではの新たな表現方法が加わったことになります。

01-Video_GIFS_Final_Opt3_Large-2

設定できる動画の細かな仕様はまだ明らかにされていませんが、「ショートビデオ」という表現がされていることから、設定できるのは短い動画であることは間違いなさそうです。
恐らく、Vineのような表現がFacebookに持ち込まれるのではないかと、個人的には感じています。

02_Temporary-Profile-Pic_Vacationもう一方、期間限定のプロフィール画像が設定できる機能は、例えば、休暇中や出張中など、ちょっとした非日常を表現するのに向いているかもしれません。ただ、頻繁にプロフィール画像を変える人はそんなにいないような気もしており、あまり使用頻度の高い機能ではないように思っています。
ちなみに、これらの機能は、米国の一部のユーザーのみでテストされているようですが、これから次第に多くのユーザーに適用していきそうです。

Googleも検索結果での動画広告をテスト中?

そしてもうひとつ気になる話題が、Googleが検索結果画面に動画広告をテストしているというものです。
米国のメディア「DIGIDAY」では、まだ具体的なフォーマットは決まっていないようですが、その可能性を模索しているという関係者の証言がニュースになっています。

002

これまでの検索結果画面の広告(アドワーズ)というと、“見出し”と“本文”で構成されるテキストが主体のものでした。
それが、動画を使った広告表現ができるようになると、これまでとは全く異なるアプローチ手法が必要になってきます。検索ワードに関連した動画にする、キーワードを取り入れた動画にする等々…、当然ながら、気軽に出せるというものではなくなり、とても手間のかかるものになる可能性もあります。そのため、あくまでも模索中といった温度感も非常に理解しやすく、リリースまでに少々時間が掛かることは間違いなさそうです。
ただ、Facebookの動画広告のように、テストによって一定の効果が見込める手法が見いだされれば、Facebookがそうであったように、あっという間に普及するかもしれません。

このように、これまでは動画とは縁遠そうなところにも、徐々に動画が浸透し始めています。もしかしたら、動画を作るという行為も、これまでの敷居の高いイメージから、写真のように気軽に作るものになるかもしれません。
YouTuberの台頭や若年層のVine支持の流れは、そういったことの表れのように思ってしまいます。まだまだ、黎明期といえる今の段階から、動画を発信するということに慣れておく必要があるかもしれません。

アクトゼロ / 山田