Instagramでもシェアができる!お気に入りの写真を共有する方法

eyec

こんにちは、アクトゼロの山田です。

今回もInstagramネタを…。TwitterやFacebookに馴染みのある方なら、自身のニュースフィード(あるいはタイムライン)に流れてきたいい投稿を、特に意識せずに自然とシェアしたりリツイートしたりしていませんか?
これは単純に優れた情報やクオリティの高いコンテンツ(写真や動画)を、自身の友達やフォロワーに教えたいという気持ちから発生するもので、SNSでは特に珍しいアクティビティではありません。

Instagramでも美しい写真や面白い写真など、様々なコンテンツが流れてくるわけですが、その写真に対して「いいね」や「コメント」はできるものの、自分のフォロワーにシェアすることはできません。先日の弊社藤村の記事にあるように、Instagramでは拡散の要素が期待できないと言われるのは、こうした共有するための機能が備わっていないことに起因しています。
しかし、やはりInstagarmでも“シェア”したいという要望を叶えるべく、実現する方法をお教えいたします。

「Repost for Instagram」

標準ではない機能で、ニーズがありそうなものを第三者が開発してリリースするという流れは、インターネットのサービスではよくあることで、今回ご紹介する方法もそういったサービス(スマホアプリ)を活用するものになります。

000Repost for Instagram(以下Repost)」というサービスで、名前の通り他ユーザーの写真を自分のアカウントに“Re”postするものです。“Re”はSNSでは他人の投稿を自身のアカウントで再投稿する時に良く使われる言葉で、Twitterであれば「Retweet」、写真SNSのPinterestであれば「Repin」というように馴染みのある表現なのではないでしょうか。

003

RepostはAppStoreやGoogle Playからダウンロードできるスマートフォン向けアプリケーションとして提供されています。
端末にダウンロードが完了したら、後は自分の持っているInstagaramアカウントでログインするだけですぐに利用可能になります。

001

使い方は非常に簡単で、自分がいいねした写真やフォロワーが投稿したお気に入りの写真の中からRepostしたいものを表示させて、「Repost」ボタンを押すだけ。もちろん、ハッシュタグなどの検索を使って写真を探してもOKです。

004
写真をRepostするとRepostしたことが分かるように写真に「Repostのタグ画像」が合成されて、オリジナルの投稿者名(アカウント名)が埋め込まれます。(赤枠の部分)このタグ画像も若干の調整が可能で、投稿する直前に細かな設定を行います。これは、盗用ではなくあくまでも他人の写真を自分の投稿に“引用”するという表明のようなもので、しっかりとオリジナルの発信元が明示されるわけです。

このように、Instagramでお気に入りの写真を友達にも教えたいと思った時には、Repostを使うことで手軽にシェアすることができます。
例えば、企業のアカウントで使うとするならば、キャンペーンに参加したユーザーの写真を使って、企業アカウント上で共有するケースなどが想定されます。

Instagarmを使う上で、シェアを重視することはあまりないかもしれませんが、上記のキャンペーン用途などもありますので、知っておいて損はない方法なのではないでしょうか。

アクトゼロ / 山田