Facebook

タブページ復活!?モバイル版Facebookページがレイアウト改善

eyec3

アクトゼロの藤村です。木曜日のプランナーズブログをお送りします。

アカウントのTOPページともいえるFacebookページのモバイル版レイアウトに改善が加えられたことを、今月8日、Facebookが発表しました。
顧客とのエンゲージを強化する意図のもと行われたレイアウト改善ですが、どのように変更されたのでしょうか。

11891349_613366382136840_1734649671_n

上図は、Facebookのリリースに添付されていたGIFアニメーション。

カバー画像直下に展開されていたメニューの間にコールトゥアクションボタンが帯状に設置され、コンバージョンを強く意識した構成へ改善されています。
参考画像のコールトゥアクションボタンは「お問い合わせ(CONTACT US)」となっていますが、こちらはFacebookAds同様、「予約する」や「購入する」、「登録する」など目的別に見出しを変更することが可能になっており、業態に合わせて最適な導線にカスタムすることができます。

11891347_684775194985827_1052862395_n

さらに、従来同様のメッセージやその他メニュー導線の下部に、新たに4つのメニューが追加されました。
グローバルナビゲーション的な見せ方になっているこの新メニュー。
Facebookは「セクション」と呼んでいますが、これらはかつて積極的に活用されていた「タブページ」の復活ともいえる、汎用性に優れた拡張ページです。
「セクション」の新規追加によって、提供するサービスの一覧や、直接的なコンバージョンに繋がる「ショップ」、その他写真や動画などの一覧コンテンツを自由に設置することができるようになりました。
「ポスト」としてのかたちに限定されつつあったアプローチの幅が大きく開けたことで、Facebook上でのコンテンツ展開を、よりリッチに活用できるようになりますね。