Facebook YouTube 動画

YouTubeは古い!web動画=Facebookという時代が到来!?

20150603_04

2005年4月23日に誕生し、10周年を迎えた動画共有サービス「YouTube」。ネットで動画配信するには、機材や環境が必要で、ひいては大きな費用がかかるものでしたが、個人だけではなく企業も無料で利用することができるYouTubeは非常にインパクトがあるものでした。


上:有名な動画ですが、初めてYouTubeに公開された動画。
創業者の一人が撮影した、動物園で象を紹介する 18 秒の動画。

ちなみに、この10年で最も日本で再生された動画は、AKB48の「ヘビーローテーション」のPVなのだとか。全世界では、少し前に話題になった「PSY-GANGNAM STYLE」なのだそうです。
 

今日、自前で環境を整備せずにインターネットで動画配信する際のプラットフォームとしてはデファクトスタンダードの地位を確実にしたYouTube。しかし、それもすでに”昔”の話になりつつあるのかもしれません。

アメリカのMixpo社の発表によると、FacebookとYouTubeの動画視聴数を比較すると、2014年8月頃から均衡し始めていることが分かります。ユーザー一人あたりの視聴数では、2014年6月頃にFacebookがYouTubeを追抜き、2015年2月の時点では大分差がついたことが分かります。

20150603_01

http://marketing.mixpo.com/acton/fs/blocks/showLandingPage/a/2062/p/p-00b2/t/page/fm/0#

こうした動向を背景に、広告主・代理店等の意識も変わってきています。2015年の段階で、動画広告の出稿先として最も利用したいwebサービスはFacebookとなりました。昨年2014年の実績ではYouTubeが1位でしたが、この分野においてもFacebookがリードしています。

20150603_02結果的に、実際に企業が動画を公開している数にこうした動向が反映されています。ソーシャルメディアの統計分析を行っているsocialbakers社のデータによると、2014年11月に、企業による動画公開数において、FacebookがYouTubeを逆転したと報告しています。

http://www.socialbakers.com/blog/2335-facebook-video-is-now-bigger-than-youtube-for-brands

2014年11月にはその差は僅かだったものの、激しいクリスマス商戦が繰り広げられる12月にはその差は更に大きくなり、完全に逆転したことが分かります。

comscore社の発表の資料によると、日本では視聴者数の比較では、まだまだYouTube(Google)が一強の様相を示し、Facebookで動画を視聴するスタイルは定着していない状況です。

20150603_03

欧米で起こりつつあるweb動画のYouTubeからFacebookへの逆転現象。Facebookの場合、視聴者と動画以外の手段で様々なコミュニケーションが可能です。また、Facebookは他サービスと比べると圧倒的なシェア率を誇ることも背景にあると思います。一方、YouTubeの場合、連携できるSNSとしてGoogle+があるものの、いまいち普及に欠けるサービスであり、YouTubeはあくまで動画を置くだけの”倉庫”というイメージが強く、YouTube以外の場でコミュニケーションを行う形になります。

いずれ、日本でも動画といえばFacebookという時代が来るのでしょうか。

弊社では、Facebookなどのソーシャルメディアを活用したプロモーション施策や、動画広告施策などご提案しています。どうぞお気軽にご相談下さい。