Facebook広告出稿でクレジットカードが止まる!?

20120319_05

Facebookで、企業ページのファン数を増やしたり、キャンペーンを成功させるために欠かすことができないのが「Facebook広告」です。ユーザーの属性(性別・出身校・居住地など)や趣味・関心など、訴求したいターゲットだけに広告を打つことができるのが大きな魅力です。

http://www.facebook.com/advertising/

通常、インターネット広告の多くは、メディアレップと呼ばれる代理店が、媒体社と広告会社を結ぶ役割を果たしています。しかし、Facebook広告には現状、代理店制度が存在せず、個人のFacebookアカウントから出稿することになっています。つまり、自分のクレジットカードを利用し、広告費を支払わなければなりません。

弊社がお付き合いさせていただいているお客様の中には、出稿作業一式の代行を依頼される企業様がいらっしゃいます。その場合、会社や個人のクレジットカードを利用して広告費を代行して支払い、広告費に手数料を加え、ご請求させて頂いています。

その結果、ほぼ毎日、Facebookにカード支払いが発生します。
月末の経費精算が面倒に・・・。面倒だから手数料を頂く訳ですが。  

何故かカードが通らない

クライアントから、広告出稿の継続の依頼を頂き、上限枠を再設定させる必要がありました。

Facebook広告の広告費は、お客様との打合せで幾らまでという枠組みを決めておき、サイトで上限の金額を登録しておくことで、上限を超さないよう管理ができます。

金額を打ち込み、設定をしようとするのですが、何度試してみても、何故か「決済できません。カードの利用状況を確認して再度行なって下さい」といった画面が出てしまい決済ができないのです。

支払いも問題なく済ませているので止められる訳でありません。(実際、当日そのカードを別の支払いで利用しました。) 時間はすでに21時。カードの相談窓口も閉まっている時間なので、仕方なく、その日の決済は諦め、翌日三菱UFJニコスに電話で相談してみました。

 セキュリティーが掛けられて一時停止していた

「ご迷惑をおかけしております」と、 謝られながら、個人を特定するために、誕生日・住所・電話番号・支払い銀行口座の支店名(!)を回答し、私のカード状況を調べてもらうと、自動的にセキュリティーが掛けられていて、海外への支払いが止められている状況だったそうです。(昨日、何度か決済を試した結果、弾かれた履歴も残っていたとのことでした。)

担当の方に伺ったところ、過去の悪用の事例と類似した支払いが続くと、コンピューターで判断し、一時的にセキュリティーがかかる仕組みになっているそうです。コンピューター判断なので、私の支払いの何がそれにあたるのかは断言できないが、海外への支払いや、ネット決済がその対象になりやすいとのことでした。

ひとまず、セキュリティーを解除してもらい、支払いができるよう対処してもらいました。窓口対応の時間外の場合でも、紛失・盗難窓口でオペレーターと話せば、セキュリティー解除の作業ができるとのことでした。このような事務作業は、営業周り後の夜に作業を行いがちで、更に「明日までにどうしても広告を打たなければならない」といった場合もありがちなので、今回の問題が起こった場合、安心ですね。

ちなみに、Facebook広告の支払いにJCBカードは使えないようですのでご注意を。(玄鵬の地下室 「facebook広告の支払いでJCBカードが使えない」