【誰にでもできる】幻想的な蛍の光を描くチュートリアル

window

こんにちは、あゆこです。

今回は蛍を描くチュートリアルに挑戦します。

完成図はこんな感じです。

end

まず準備。

まず、画像を準備します。

0

by sgmillionxu2000 

やはり夜で、水辺の写真だと雰囲気が出ますね。

雰囲気作り

より雰囲気を出すために、全体を暗くします。

(1) 色調補正 > 明るさ・コントラスト > 明るさを落とす(この写真だと-50くらい)
(2) 画像の上に長方形ツールで長方形を作り、塗りを0に。
  さらにレイヤースタイルでグラデーションオーバーレイを設定。
  片方を黒(#oooooo)、もう片方を黄土色(#a69a37)に。
  スタイルを円形にして、花がぼんやり光っているような感じにします。

1

2

花の周りだけぼんやり明るい感じになりました。

花の中にいる蛍を描く

先ほどのレイヤーの下に、
楕円形ツールで、
蛍がいるであろう場所に楕円を描きます。

3

描いたら、フィルター > ぼかしツールで
いい感じにぼかします。

3-1

4

レイヤースタイルを追加して、より蛍の光っぽくします。

4-1

4-2

4-3

5

ここにさらに一工夫。

新しいグループを作成し、
ぼかした楕円形のレイヤーをグループの中に入れます。
そしてグループの描画モードを「覆い焼き(リニア)」に設定。

そのままだと眩しすぎるので、
楕円形レイヤーの不透明度を多少落としてあげる(今回は不透明度70%)と…

6

より蛍っぽくなりました!

ちなみに今のレイヤーはこんな状態。

6-1

葉にとまっている蛍を描く

新しいレイヤーを、
先ほど作成したレイヤーの下(同グループ内)に作成します。

ソフトブラシで、色は白(#ffffff)、
大きさ30px、硬さ0%のブラシを作成し、
蛍をとまらせたい場所でワンクリック。

7

あとは簡単、
先ほどの楕円形レイヤーのレイヤースタイルを
コピー&ペースト!

8

葉っぱにもちょっと光が反射していい感じに。

飛んでいる蛍を描く

 先ほどの葉にとまっている蛍をコピーし、
飛ばせたい場所まで移動して大きさを調整。

9

その下に新しいレイヤーを追加。

ソフトブラシを先ほどの設定のまま、
蛍に合わせて大きさを変え、色は白(#ffffff)で飛んだ軌道を描きます。

10

そうしたら塗りを20%に設定し、
蛍のレイヤースタイルをコピー&ペースト。

10-1

より軌道っぽくするため、
選択範囲 > 選択範囲を選択 (もしくは軌道レイヤーをCtrl+クリック)し、
レイヤー > レイヤーマスク > 選択範囲外をマスク でマスクを作成
(もちろんレイヤーウィンドウのレイヤーマスクを作成maskでもオッケー)

そうしたら、つくったマスクの方を選択。

mask2

グラデーションツールgraで、
片方黒、片方白gra2のグラデーションを設定し、
軌道の先から蛍のほうへ、グラデーションを描きます。

11

12

どうでしょう。
蛍が飛んでいる軌道っぽくなったでしょうか。

ちなみにレイヤーはこんな状態。
11_1

仕上げ

 あとは先ほどと同じ要領で蛍を増やしていき、
不透明度で明暗をつけてあげればできあがり。

end

いかがでしょうか。
ちょっとでも夏を感じていただけたら幸いです。