Facebook運営者必見!ブラウザの相性問題を考える

543_3

個人でFacebookを利用している人は、比較的意識していないであろうブラウザなのですが、企業内で自社のFacebookページを運営する担当者は、ブラウザに起因する問題に直面するケースが少なからずあるようです。

今回は、そのブラウザとFacebookとの相性によって起きたであろうケースをご紹介しますので、みなさまの参考としてお役に立てればと思います。

ケース1 投稿の削除ができない

過去最も多かったケースが、一度投稿した内容について、削除できないというものです。
具体的なブラウザ名を挙げると、Firefoxを使用した際が多いようでした。

投稿の右上のアイコンをクリックして、「削除」を選択するのですが、リロードすると記事は削除されずにそのまま・・・という状態でした。 

その場合の対処法としては、IEやChromeといった他のブラウザを使用して投稿を削除することが有効でした。

また、PCにひとつのブラウザしかインストールされていない場合は、スマートフォンのFacebookアプリを使用して削除することができました。スマートフォン用アプリであれば、Facebookがオフィシャルに提供しているものですので、比較的安定して使用することができるかと思います。


ただ、削除の仕方が少し 分かりにくいのが難点です。

投稿した記事を削除する場合は、削除したい記事の上で、横にフリックする必要があります。
そうすると、削除ボタンが現われますので、そのボタンを押せば削除完了になります。この動きを知らないと、スマートフォンで削除することができませんので、覚えておいて損はないかと思います。もちろん、個人の投稿にも有効な方法です。  

ケース2 投稿内容が一部ブラウザで反映されない

こちらのケースは、複数の担当者が運営に関わっている場合に起きる問題です。
担当者Aが投稿した内容が、担当者Bが確認したところタイムライン上に表示されておらず、他のブラウザで確認したところ投稿されていたというものです。

担当者AはChromeを使用していて、担当者BはFirefoxを使用していました。(ともに最新版)
詳しく状況をお伺いしたところ下記のような傾向を掴むことができました。
 

==========
Firefoxでの投稿 → すべてのブラウザで表示される

Chromeでの投稿 → Firefoxで表示されない

IEでの投稿 → すべてのブラウザで表示される

スマートフォン → すべてのブラウザで表示される
========== 

Chromeでの投稿、もしくはFirefoxでの表示に問題があるように思われますが、全く同じブラウザバージョンで別のPCから試したところ、必ずしも再現しない場合もあるようです。投稿するブラウザの問題なのか、表示するブラウザの問題なのかははっきりはしませんが、上の傾向を見る限り、今回のケースは投稿する側に問題があるような気がしています。

最新版を使うことがベター

Facebookは細かく仕様が変わり、その頻度も高いため、最新バージョンのブラウザを使うことがベターではありますが、実際に発生したケースを考えてみると、それだけで は防ぐことができないケースも多々起こりうると考えられます。

また、Facebookのヘルプページを見てみても推奨ブラウザが明記されていないことからも、ブラウザごとに個別のサポートはしていないように思われます。 

あくまでも、上記のようなケースを防ぐための対策として、次のことをオススメします。

・Facebookページの管理・確認は複数のブラウザで行う。
・ブラウザのバージョンを常に最新のものにアップデートしておく。

最後に、ブラウザのヘルプページで唯一Firefoxのみが、「Facebook 利用時の問題」という項目を設けている点を考えると、もしかしたらFirefoxでのFacebook利用時に多く不具合が発生しているのかもしれません。

Facebook 利用時の問題