クリスマス!Photoshopで幻想的なスノーグローブを作る方法

名称未設定-1

皆さまおはようございます!街がにぎやかになってきましたね!
クリスマスも近くなってきたので、この時期によく見かけるアレを作ってみました。

こちらが完成図!
そう、スノーグローブです。

 

スノーグローブとは…
スノーグローブ(英語: Snow globe)とは、球形やドーム形の透明な容器の中を水で満たし、人形・建物などのミニチュア、雪に見立てたもの等を入れ、動かすことで雪が降っている風景をつくる物である。(Wikipediaより)

 

日本ではスノードームという呼び方が一般的なようです。

 

早速手順を紹介していきたいと思います。

1.基本となるガラス部分を作る

まず正方形を用意して、画面を黒く塗りつぶす。

この正方形のサイズがスノーグローブのサイズとなります。
ちなみに300px×300pxで作りました。

 

フィルタ>描画>逆光
明るさ:110%
レンズの種類:105mm

 

フィルタ>変形>極座標
『極座標を直交座標に』を選択します。

 

編集>変形>垂直方向に反転

 

もう一度、フィルタ>描画>逆光

 

フィルタ>変形>極座標
今度は『直交座標を極座標に』を選択します。

このような状態になります。

 

これを正方形いっぱいのシェイプ(丸)でクリッピングマスク!

 

2.ガラスに透明感をだす

ここからは背景をつけて、いい感じの透け感が出るように手を加えていきます。

 

シェイプ(丸)にレイヤースタイルをつけます。

上記の設定をして、モードをスクリーンにします。


これで、透け感が出てきました。
レイヤースタイルのグラデーションですが、上記では水色のグラデーションをかけてます。
ここは基本的に好きな色を指定してもらってかまいません。
完成のときに、底部分の色が変わってきます。
※後ほど色を変えたものも載せます!

 

ツヤ感を足す。

少し小さめのサイズでシェイプ(丸)を作り、
グラデーションオーバーレイで『白から透明』へのグラデーション、角度60度で設定してます。

 

3.ガラスの中にモチーフを入れていく

ここからは雪+好みのモチーフを配置していくだけです。
まずは底に積もる雪を新規レイヤー、ブラシで追加していきます。
今回使ったブラシはSNOW PS7 Brushes and IMG Packです。


SNOW PS7 Brushes and IMG Packの中から雪を選んで好きに配置してください。
参考までに右下に使用ブラシを載せておきます。

 

次に、中に入れるモチーフを選びます。
今回はクリスマスツリーにします!

 

このツリーを切り抜いて配置。

 

あとはひたすら雪を散らすだけ! ツリーの後ろに大き目の雪を。
 

 

ツリーの手前に粉雪のような細かい雪を。

 

最後に台と光を入れれば…スノーグローブの完成です!

 

 

※先ほど述べたレイヤースタイルのグラデーションですが、色を変えればこのようになります!

 

番外編

1.の過程で作ったガラスボールは色を変えれば、グラスボールにもなります♪

 

1.から一枚レイヤーを追加します。
そのレイヤーに好きな色のグラデーションオーバーレイを用意し、描画モードを「焼きこみカラー」にします。
レイヤーの塗りはなしです。

 

いい感じの色を適当に設定してください。

 

そして完成!