Photoshop

ツムみたいなぬいぐるみ質感をPhotoshopレイヤー効果で作ってみよう

eye-catch

みなさんツんでますか?

最近初めてツんだのですが、面白いですね~はまってしまいそうです^^

見ていたら作ってみたくなったので、今回はPhotoshopレイヤー効果を

使ってツムっぽいぬいぐるみ質感のキャラクターを作ってみたいとおもいます!

超オリジナルキャラクター、お肉のニッキーです。

7

お手軽にシェイプで作りましたが、ブラシで描いたものでもピクセル画像でも、

パーツがレイヤーに分かれていればなんでも大丈夫です。

まずはツムっぽい質感をテクスチャで表現します。

名称未設定-2

オリジナルやフリーの素材などを使ってももちろんよいのですが、今回は

標準装備の「摩耗性テクスチャ」の中から選びました。

2

つづいてに光彩内側、上のような設定をすると、

8

なるほどわかりにくい!ですがこのあともっとくっきり見えてきますよ~

先ほどレイヤースタイルを付けたお肉のレイヤーを複製し、

塗り

「塗り」をゼロにします。(レイヤースタイルのみ残ります!)

コピーしたレイヤーに以下の設定をします。パターンはそのままで!

3

するとこうなります!

9

ツムのモコモコ感が出てきましたね~

お次は白目をいじっていきます。

白目光彩内側

10

白目光彩外側

パターンは全部のパーツずーっと同じ設定なので、コピーしちゃいましょう。

で、こうなります!

11

立体感が出て来ました。

どんどん行きましょう!

お肉の時と同じく、白目レイヤーをコピー、塗りをゼロにします。

白目2光彩内側

白目2光彩外側

するとこうなります↓

12

ちょっとわかりにくい変化ですが、光彩内側【中央】に白でスクリーンすることで

明るくメリハリがつきましたね!

白目から肉の肌(?)の境目もよりクッキリメイクになりました。

 

光彩に指定する色はキャラの色によって変わりますのでコレというものは

ありませんが、お手軽なやり方としては

①明るくしたいところには明るい色でスクリーン!

②暗くしたいところには濃い色でオーバーレイ!

黒で乗算ではなく、同系色でオーバーレイするほうがツムっぽいです^∀^

レイヤースタイルは本当に多機能で、なかなかフル活用とまでいきません(私は)

こんな感じの練習で、効果の重ね方を掴んでいけたらいいなと思います。

 

さて、他のパーツにも同じ手順でレイヤースタイルをかけていきました。

出来上がったニッキーツムがこちら!

17

せっかくなのでラインをギザギザにしてよりツム感を出してみました。 

では今日はこのへんで、ちょっとツみにいってきます♪

18