GIFアニメ Photoshop

トゥイーン!【アニGIF作成便利テクニック】

eye-catch

こんにちは、タニグチです。
今週はPhotoshopのアニGIF作成テクニックを紹介します。

以下のように物体を一方向に動かすデザインをしたい時
01

【トゥイーン】という便利コマンドを使いましょう。

1.トゥイーンとは

英語で書くとTween。タイムラインのアニメーションの開始点と終了点を指定するだけで、間のフレームを自動で生成してくれる機能です。一コマづつ位置を設定する手間が省けます。

ブログ

使い方

1.フレームアニメーションのウインドウで、一コマ目に始点、二コマ目に終点を指定しましょう。両方とも同じレイヤーでお願いします。

SnapCrab_NoName_2015-10-16_12-29-55_No-00

2.タイムライン下部にある、トゥイーンアイコンをクリック。補完するコマ数を指定しましょう。

SnapCrab_NoName_2015-10-16_12-32-10_No-00
3.再生してみましょう

01

簡単すぎる。。

ちなみにトゥイーンは不透明度、レイヤースタイルも補完できます。試しに終点の不透明度を10%に変え、作り直してみます。

02

計画通り。消える魔球になりました。

 

先月紹介したビデオタイムラインへの変換も組み合わせれば、
雨を降らせることも簡単です。

brogpsd

 

エンドロールみたいなものもphotoshopだけで作れるかもしれません。

ブログ

 

ちなみにビデオタイムラインを使えばもっとなめらかな動きがつくれます。容量が増えてしまうのでケースバイケースですが。。

いつかそちらのやり方も紹介します。それではまた。