祝Twitter8周年!初ツイートで何呟いたか覚えてますか?

icatch

アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。

2006年3月21日、Facebookと並んで二大SNSとして地位を築くことに成功した「Twitter」がスタートしました。日本のユーザーにもすっかり浸透し、生活の一部になっている人も少なくないTwitter、今年2014年でめでたく8年目。サービス開始当初から使用していた方もそうでない方も、自分が一番最初に何を呟いていたか、覚えていますか?

初ツイートのドキドキ感を思い出す、FirstTweet抽出公式ツール!

サービス開始8周年を記念して、Twitter公式からこんなサービスがリリースされました。

001

first-tweets.com」は、@以下にユーザーIDを入力して検索ボタンを押すだけで、そのアカウントの一番初めのツイートが抽出されるというサービスです。
弊社Twitterアカウントは本日現在までに628ツイートほど呟いておりますが、開設後初めてのツイートをツールを使って抽出してみました。

002

2011年5月に、Facebookのタグ付についての呟きが第一声だった様子。
抽出したTweetの下部に出現した「Tweet it!」をクリックすると、「#FirstTweet」というハッシュタグでフォロワーに共有することができる仕組みです。
尚、こちらのサービスは自身のアカウントだけでなく、公開設定になっているアカウントであれば制限なく検索することができるので、有名人のアカウントが一番初めに何を呟いていたのかを調べることも可能です。
以前記事でご紹介したカスタムTLを活用し、福山雅治やきゃりーぱみゅぱみゅなど、有名人のFirst Tweetをまとめたものも公開されています。

こちら

公式発表サービスは、アプリ連携の必要がありません

こちらのサービスを装ったスパムアプリが出回っているとのことですが、本物のサービスはアプリ連携を求められるものではありません
TL上に勝手に書き込みをするTwitterスパムが流行していますが、ご注意を!

8周年を迎えたTwitter、今後はどうなっていく?

昨年11月に上場したTwitterですが、抱えるID数に比較して、アクティブユーザーの数は年々伸び悩んでいる様子。
昨年だけでもTLレイアウトの改修やカスタムTLの導入、ユーザーからのクレームですぐに元通りにしたブロック仕様の変更など、サービスの品質向上に意欲的な印象です。
直近では、一部のユーザーのTL上に「view」項目が追加されたとの情報もあります(Tweetの閲覧数を数値で可視化できる仕組みのようです)

003引用:exsite news

生まれては消えていくSNSのなかでは勝ち組といえるTwitterですが、継続的なソーシャルユーザーの囲い込みへ、今後の更なる施策展開が楽しみです。

日々の呟きですっかり忘れ去ってしまった初めての呟きをこの機会に見直してみると、新たな発見があって面白いかもしれませんね。