日本にも広まりつつある「撮影・SNSシェアOK」の音楽ライブ

20140305_09

右肩下がりで推移している、CDなどのパッケージや音楽配信の売上とは対照的に、順調に拡大を続けている音楽ライブ市場。(参考:13年上半期のライブ市場規模は拡大 ORICON STYLE 2013.11.10)

DSC_0242

好きなアーティストのライブ・コンサートで、記念にスマホで写真を一枚撮影したり、SNSで喜びを伝えたいと思ったことがありませんか?私達の知る、通常のライブなどでは、カメラや携帯電話での撮影自体がNGなのが常識であり、ライブの感動や興奮を写真とともに友人にSNSで共有することは通常できません。

ところが、最近、海外のアーティストを中心に、ファンによる撮影を解禁する動きが出てきました。昨年11月に行われた、ポール・マッカートニーのライブでは、公式サイトで携帯電話・タブレットPCでの撮影が事実上解禁されたことが、記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。結果、ファン・観客によって、ネットで多くのライブの写真が公開されました。日本のアイドルの間でも、CD発売イベントの撮影を一部解禁したり、撮影が予めOKのライブを企画する動きもあるようです。(参考:ライブの撮影が解禁へ ポールの写真ネットに多数投稿 アメーバニュース 2013.11.23

9174417261_d3d7f9d3d6_b

撮影OKのライブが増えてきた背景には、写真がFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを介して広まることで、イベントやアーティストのプロモーションに繋がる効果が期待できたり、ファンに対してサービスすることでアーティストへのロイヤルティーを高めたりする効果があると、アーティスト側が判断し始めたためだと考えられています。

こうした反面、携帯電話の光が邪魔だったり、掲げた携帯が後方の人の視線を妨げたたりして”邪魔”という、音楽ライブ会場での新たなモラルについての議論も始まっているようです。

そんな、「写真撮影OK・SNS公開大歓迎」な音楽ライブが先週開催されました。実際に訪問した時の様子をレポートしたく思います。

TarO&JirO PROMIC.TV「J-POP NEWS」公開収録ライブ

海外へ進出する日本アーティストのサポートのために、昨年の6月18日より、英語圏の国々に向けてスタートしたYouTube番組、PROMIC.TV「J-POP NEWS」。弊社もその運営のお手伝いを行っているのですが、番組初の公開収録ライヴのゲストとして、今年積極的に世界マーケットに進出している注目の新人兄弟ギター・デュオ、TarO&JirOが出演しました。

20140305_02

このライブには大きな特徴があり、観客には、主に海外から日本に留学中の学生を招待。観客となる彼らは、自らのFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを通し、ライブでの体験や情報を彼らの海外コミュニティーに配信するというもの。そのため、このライブではスマートフォン等での写真撮影や動画撮影を自由に行うことができました。

PROMIC.TV Facebookページの投稿写真より

TarO&JirOは、元々ロンドンをはじめ、海外のバックボーンが強いアーティストということもあり、外国人のオーディエンスを大いに盛り上げ、独特な興奮の会場を作り出していました。二人の奏でるギターの旋律が、渋谷のライブハウスに集まった観客を虜にしていきました。

20140305_01

そんなライブ中、多くの留学生だけでなく、日本人もスマートフォンを掲げる姿を見ることができました。撮影した写真は、その場でFacebookやTwitterなどでアップロード。友人にライブの様子をリアルタイムに近い時間差で広めていました。

20140305_03

20140305_04

私も自分のFacebookページで公開。

20140305_05

ライブ終了後、来場者の何人かに声を掛けてみました。こちらはライブ中に撮影・シェアしていた、オーストリアから来日中の留学生。

20140305_06

オーストリアでは、インディーズのバンドでは撮影OKのライブがあるけれど、プロミュージシャンのライブでは殆どが撮影NGだとか。こうした撮影OKのライブは珍しく、「オーストリアの友人に、今日のような日本での体験を伝えることができるのはとても楽しいこと」と言っていました。

20140305_07

TarO&JirOのファンという日本人の方も、一様に「ライブの興奮をすぐに友達に伝えることができるのはすごく楽しい、ありがたい取り組み」と、興奮気味に熱く語っていました。

今日の取り組みについて、アーティスト側はどう感じているのでしょうか。ライブ後、留学生と交流していたTarO&JirOさんに聞いてみました。

20140305_08

「日本では、著作権や肖像権など、権利の問題から撮影NGなのが普通ですが、僕たちにとっては、撮影してSNSで共有することは大歓迎です。僕達のことを知ってもらえるきっかけになるし、PRにも繋がると思えば問題はありません。」

日本でも始まりつつ有る、撮影&シェアOKの音楽ライブイベント。モラルを守りながら、友達とも興奮を共有しながら楽しみたいですね。

このライブの様子は、PROMIC.tv「J-POP NEWS」の昨日3/4と3/11の更新分で視聴することができます。是非、↓の画面からご覧になってみてください。

 

※ご注意:TarO&JirOのライブは常に撮影・シェアOKという訳ではありません。イベント毎のレギュレーションに沿ってお楽しみ下さい。

 Photo by achrntatrps