動画広告

次に来るのは動画リタゲ?YouTubeの知られざるリターゲティング機能

20180509

こんにちは、アクトゼロの山田です。
インターネット広告はさまざまな媒体やメニューがあり、目的やターゲットに併せて最適なものを選ぶというのが、今や当たり前になっています。ここ最近は、SNS広告や動画広告といったものが、盛り上がりを見せており、中でも動画広告は、もはやWeb戦略上欠かせない存在で、今後さらに拡大していくと予想されています。実は、そんな動画広告でも、有効なのに使われていない(知られていない)機能があり、今回はそんな機能をご紹介したいと思います。

YouTubeでもリターゲティング広告ができる

動画広告でまっさきに思い浮かぶのは、ご存知YouTubeのインストリーム広告ですが、その機能としてリターゲティングの仕組みが提供されているのはご存知ですか?
リターゲティングと言えば、特定の条件を満たしたユーザーに対して広告でフォローするという定番の手法で、それをYouTube上でも実施できるのです。
000

動画リターゲィング広告の大きなメリットを挙げるならば、一般的なリターゲティング広告と同様に、YouTube上でのアクティビティに基づいてセグメントされたユーザーにダイレクトにアプローチできることから、広告の内容をそのセグメントユーザーに合せて最適化できることです。それによって、目的の達成率の向上が見込まれると同時に、無駄な広告出稿が省かれることによる費用対効果の向上も期待されます。

003

例えば、すでに自社の動画を見ており、さらに高く評価しているユーザーという形で絞り込めば、かなり自社側に向いたユーザーということは間違いありません。その層に対して、エクスクルーシブな内容の動画コンテンツを接触させることで、さらにロイヤリティを高めるという展開もできるのです。

どういったリマーケティングリストが作成できるか

出稿自体はインストリーム広告と同じAdWordsから行うため、YouTubeチャンネルとAdWordsアカウントをリンクさせることで簡単に始められます。
そしてリマーケティング用のリストを作っていくわけですが、具体的には下記の行動をとったユーザーをリストにしていくことができます。

チャンネルの動画を視聴
特定の動画を視聴
チャンネルの動画を(広告として)視聴
特定の動画を(広告として)視聴
チャンネル登録
チャンネル ページにアクセス
チャンネルの動画を高く評価
チャンネルの動画を再生リストに追加
チャンネルの動画にコメントを追加
チャンネルの動画を共有

特定の動画を見たユーザーに対して、続編や別バージョンの動画を訴求したり、チャンネル登録してくれたユーザーに対しサンクス動画を配信したり、動画を軸にした取り組みを行えるのが何よりの特徴でしょうか。

やはりクリエイティブがカギに?

このように動画広告が拡大するにしたがって、その重要度がさらに高まってくるのは、広告用の動画クリエイティブでしょう。すでに今の時点で、テレビCMをそのまま流す安直な取り組みは過去のものになってきており、リターゲィングのように細かくユーザーをリストにして分類できるようになると、Web用の動画クリエイティブを作るという流れはさらに加速していくことになります。

静止画バナーであれば、コピーを変えたり、写真を変えたりといった“量産”は、比較的容易にできますが、動画となると手間もコストもそれなりに掛かってしまいます。そのため、動画広告でより結果を求めるためには、広告クリエイティブに対する意識的な改革も必要になると考えられます。

004

広告を配信するユーザーを細かくセグメントできるようになれば、ハイクオリティな動画クリエイティブよりも、安価に量産したターゲットに最適化した動画クリエイティブの方が、成果を生み出す可能性は高くなるはずです。ですので、動画クリエイティブのクオリティと制作コストに関する認識を、これまでのものから大幅に下げなければ、到底対応していくことはできないと考えられます。とはいっても、これ以上は下げられない…という線引きは必要です。

SNS広告がセグメント精度で躍進したように、動画広告でもリターゲィングのような細分化したセグメントによって次の次元に入りつつあります。この流れに乗り遅れないためにも、競合の広告主が少ない今のうちに、セグメントの細分化と広告クリエイティブの量産とといったテストマーケティングを行うことをお勧めします。

アクトゼロ / 山田