Google Analytics

これだけ見ておけば安心!Google Analyticsの6項目

Google Analyticsで必須の6項目

こんにちは。アクトゼロ田中です。

WEB担当者の方は、色々と時間がなく大変ですよね。
今回はGoogle Analyticsでの時間短縮方法をご紹介します。

名づけて!
『これだけ見ておけば安心!Google Analyticsの6項目』

早速見てみましょう。

 

セッション V.S. ページビュー数

まずは、Google Analyticsを開いた最初のページで見ることができるものです。
セッションとは、訪問者がそのサイトを閲覧し、回遊し、離脱するまでの事です。つまり、Aさんが同じサイト内で何ページ閲覧しようと、1セッションとしてカウントされます。
ページビューとは、単純にページが閲覧された数です。Aさんが同じサイト内で5ページ閲覧したら、5PVとなります。これは簡単ですね。
このセッションとページビュー数を同時に見ることができます。下記図のようにプルダウンを設定してください。
これで日時の推移を見ることができます。

01

 

新規セッション率 V.S. 直帰率

こちらも、最初のページで確認できます。
プルダウンから、「新規セッション率」を選び、対して「直帰率」を選んでみましょう。

02

新規セッションに関しては、全セッションに対する新規の割合です。
ユーザー>行動>新規とリピーター
上記では、ユーザー数(UU)に対する新規のユーザー数が出てくるので、少々意味合いが異なります。
エクスポートする際に、リピーターの数は日別で出てこないので、
先にUU数をエクスポートしておいて、新規ユーザー数を引くと、リピーター数がでます。お試しください。

03

 

集客>サマリー

どこからサイトにたどり着いているか?はどんな業種でも気になりますよね。
その割合をざっと円グラフで見られるのが、ここのサマリーです。

Organic Search : 自然検索
Direct : 直接アクセス(※1)
Referral : 被リンク(※2)
Social : ソーシャルメディア
Paid Search : リスティング広告
Display : ディスプレイ広告
(Other) : その他

※1 直接URLを入力した際や、ブックマークされている場合など
※2 他サイト(ドメインが異なれば、すべて他サイトです)にリンクが貼られ、それを経由している場合

ここで、自然検索の割合が高くない場合、特別な非公開サイトでない限り、
SEOのランクがかなり低いと予想されます。
上記のような形で、問題点をある程度把握することができますね。

 

集客>参照元/メディア

04

続いては、この集客元をもう少し詳しく見ていきます。

例えば、
google / organic でしたら、Googleからの自然検索となります。
近くにYahoo! もあるのではないでしょうか。

ここを見ることで、GoogleとYahoo!の割合を確認することができ、面白い発見ができるかもしれません。

 

行動>すべてのページ

05

サイトの中で様々なページがあると思います。
そのすべてのページ内で、ページごとにどれだけページビュー数があるか、直帰率があるか、などを見ることができます。

基本的には、ページビュー数が多い順に並んでおりますので、
「サイト内の人気ページランキング」というような意味合いでも利用できます。

 

ユーザーの分布>サマリー

サイトを見てくれている方は、男性?女性?年齢は?などを確認できます。

06

注意: このレポートに関しては、初期設定のままだと見ることができません。
もし、注意書きが出ている場合は、確認の上「有効化」をクリックしてください。

これらの数値は、GoogleがCookieなどの情報を基に推定したものになりますので、正確なデータではございませんが、ある程度信用できます。

 

一括でレポートにする方法

さて、ここまで、見るべき6項目をご紹介してきましたが、
それだけでは物足りない!という方に、より一層、時短できる方法をご紹介します。

07

08

上図にあるように、「マイレポートに追加」をクリックすることで、簡単にレポートを作ることができます。

09

これで良く使用する項目を登録しておくと、「マイレポート一覧」からすぐに閲覧することができます。

10

この一覧はすべてをPDFに出力することができます。
PDFでは、画面で見えているものと同じ状態になりますので、便利です。
これで上司に「レポートは?」と言われても、ものの数分で作成することが可能です。

今回は、初級編から1ステップ進んだ設定を含めてご紹介しましたが、いかがでしょうか?
このマイレポートの登録をしておくだけで、サクッとレポートが可能になりますので、ぜひ有効活用してみてください。

アクトゼロ田中