デジタルマーケティングに効く最新ソーシャルメディアトピックス

0613ec

こんにちは、アクトゼロの山田です。
マーケティングに関連するソーシャルメディアの最新トピックスを一挙にお届けします。
週明け月曜日、話題に乗り遅れないように最新の情報を仕入れておきましょう。

 

Instagramも追随!表示アルゴリズムのアップデート

昨今のSNSは、そのフィード上に表示させる情報(投稿)のアルゴリズムにおいて、時系列で表示するものから、受け取るユーザーにとって価値あるものを上位表示するように変化してきています。

000
Facebookがその先陣を切って「ハイライト」表示を導入し、Twitterもその流れを追う形を取りました。そして、ついにInstagramも、7月中にすべてのユーザーのフィードを、関心の高い投稿を上位掲載する優先表示の形態をとることになりました。これはすでに今年3月にアナウンスされていたことなのですが、ようやく導入されることになります。

このユーザーにとって関心の高い、もとい、興味があるであろう投稿を上位に表示する流れの中で、企業アカウントの運用において、非常に重要になるのが「エンゲージメント」の概念です。エンゲージメントはフォロワー(ファン)との結びつきの強さを表す指標で、フォロワーやファンの関心の高さを測るものの一つです。

企業が伝えたい情報の押し付けではなく、ファンが求めているものに寄り添った情報をしっかりと発信していく必要があります。今後、企業のソーシャルメディア運用は、さらにその質の高さを求められる流れになることは間違いありません。

 

Twitterがリブランディング開始?

001
Android版のTwitterアプリのデザイン変更
が、密かに話題になっています。これまでもアプリのデザインはことあるごとに変わってきたとは言え、今回のNEWデザインは、これまでのTwitterのイメージからの脱却を意味しているように感じます。
そう考えるのポイントは、横スワイプを重視した立体的なナビゲーションで、これまでタイムラインという縦軸での導線と交差する点で、140文字というテキスト重視のタイムラインを拡張して、「モーメント」や「メッセージ」といった横軸でのコンテンツを同列に扱っていることになります。

広告収入を軸に展開する利用無料のSNSの場合、いかにユーザーをサービス内に滞在させ、そのユーザーに対して広告を配信できるかというのが焦点になってきます。そういった中で、こうしたコンテンツを重視する形態を取ることによって、ユーザーの利用時間を拡大しようとする動きを感じます。
インターネット広告の世界では、既存のディスプレイ広告やリスティング広告、そして近年存在感を増しているソーシャルメディア広告が、そのパイを奪い合っている現状です。ソーシャルメディア広告では巨人「Facebook」がいるわけで、Twitterとしても様々な手段で対抗しようとしていることは間違いありません。こうしたサービスの改善で、Twitter広告が非常に効果の高いものとなる可能性も十分に考えられます。
企業のマーケティング担当者としては、Twitterで過ごすユーザーの動向を注視しながら、アカウント戦略や広告戦略を見定めていく必要がありそうです。

 

Facebook、360度“写真”の投稿に対応

002みなさんは、iPhone等のスマートフォンで対応しているパノラマ写真(360度写真)の機能を使っていますか?
結構使っている人が多いようで、旅行先などの景色のよい場所で、ゆっくりと回転しながら撮っている人を良く見かけるようになりました。そうして撮った写真をスマホやパソコンで楽しむだけでなく、今後はFacebookに投稿してシェア出来るようになります。
Faceboook上に投稿された写真にはコンパスのアイコンが表示され、スマホであればタップし拡大した上で、端末を傾けたり回転したりすることで、グルグルと写真を動かすことができます。

これは、単純なる静止写真の投稿でマンネリ化してしまいがちな企業のタイムラインにおいて、新たな顧客体験を提供する手段として非常に面白い機能になると思います。

例えば、不動産会社やハウスメーカーであれば、住宅内部の360度写真を投稿したり、自動車メーカーであれば車内の様子を撮影したり、これまでの複数の写真を使って表現していたものが、端末の動きに連動したVRの要素を持って体験として提供できることになります。
しかも、手軽にスマートフォンで撮影できるから、特別なコストが掛かることはありません。360度動画というのは少しハードルは高いのですが、写真ということで誰でも気軽に投稿することができるのではないでしょうか。
週明け、気になるソーシャルメディアトピックスは以上です。
それでは今週も、張り切っていきましょう!

アクトゼロ / 山田