ITニュース

今週のIT業界の出来事をまとめ読み!週間ニュースサテライト 03.05~03.11

20151202_02

今週も一週間お疲れ様でした!
一週間のITニュースをざっくり振り返る、ウィークリートピックスをお送りします。

全日本仏教会、Amazonの「お坊さん便」に販売中止要請

Amazonが提供する定額読経・法話依頼サービス「お坊さん便」に対して、全日本仏教会が販売の中止を要請しました。

001

同協会は「お布施は宗教行為に対する対価ではない」としたうえで、本来の宗教性を損なうサービス内容を強く批判しています。
先日弊社でも記事として取り上げた僧侶を回答者としたQ&Aサービス「hasunoha」は多くのユーザーから好意的なフィードバックを受けていましたが、宗教を「商材」とした収益モデルをWebサービスとして成立させるためには、熟慮すべき様々な課題がありそうです。

マシュマロの次は海苔!?Android OSの時期コードネーム

Marshmallow

アルファベットの頭文字をとったお菓子の名前がつけられることで有名なAndroid OSの開発コード。
カップケーキやドーナツ、アイスクリームサンドウィッチなど、これまでユニークでスイートなネーミングが続いてきましたが、時期OSの名前は「海苔」になるのではないかとの噂が…。
噂の発端は、米GoogleでAndorid OSを担当するヒロシ・ロックハイマーさんの呟き。

本当に時期OSが“海苔”になるとすると、これまでの甘い流れをぶった切る想定外のネーミングとなりますが…ドロイド君が海苔持ってるイメージはシュールで見てみたいような…。

近々Google検索の結果に、“ソーシャルカード”が表示されるかも!

3月4日、米Googleが検索結果画面の上部に新たに“ソーシャルカード”を表示するテストを開始したことが報じられました。 “ソーシャルカード”とは、検索キーワードのブランドや著名人と関連する情報で、実際に一般ユーザーが投稿した画像やコメントを掲載する新しいフォーマットのこと(らしい)。 カード右下のシェアアイコンをクリックすると、FacebookやTwitterなどのSNSにワンクリックでシェアできる仕様になっているようです。 003 現在はテスト段階の為日本ではまだ確認することができませんが、本格的に実装された後にリスティングが受ける打撃と、“ソーシャルカード”を活用した新しいプロモーション戦略で、Google広告の企業利用のスタイルが大きく変わってきそうです。

PDCAサイクルを心ゆくまで回し続けられるサイトが登場

合言葉のようにマーケティング従事者が口にする「PDCAサイクル」を、勝手に、永遠に回してくれるサイト「一生回してろ」が開設されました。発想が素晴らしいです。

シンプルな設計のなかにフォントの選択肢まであるので、お好きなフォントのPDCAが回せます。マグロと海苔巻きだけですがお寿司も回せます。

002
ちなみに、サブディスプレイで回転させておくと意識が高まるかなと思いましたが、結構気が散りました。

 

 
暖かくなったと思ったら途端に真冬に逆戻りな寒暖差の激しい一週間でしたが、体調管理に気を付けて、来週も頑張りましょう!