進化するGmail ~パーソナルメディアの真髄に迫る~

20150929

こんにちは。アクトゼロの田中です。

LINEやソーシャルメディアが充実した現代で、メールを使わなくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな私も、その1人かもしれません。確かに親しい友人との会話は全てLINEで、メールといえば、ECショップのセール情報が届いたりするだけ。メールはビジネスでしか使用していない世の中になってしまったのかもしれません。そんな中、Googleがやはりそこに注目していたのでしょうか!「メールにリッチメディアや投稿機能、スケジューリングなどの機能を加えて”総合仕事環境”にする」という機能が加わりました。

Mixmax

mixmax_preview

加わったのは「Mixmax」で、こちらは既にGoogle Chromeの拡張機能として稼働しておりましたが、この度Google Inboxに統合されました。

    「Mixmax」でできること

  • 指定時間にメールを送信
  • メールの既読を確認
  • パスワード付きメールを送信
  • テンプレートの登録/利用
  • 画像/表/セパレーター/記事/PDFスライドショーなどの挿入
  • メール本文中にアンケートを埋込み、受信した人に回答してもらい統計を取る
  • インスタントスケジューリング

ここで注目すべきは、何と言っても「インスタントスケジューリング」です。メールを書きながら、直接カレンダーでスケジュール作成ができたり、スケジュールとの連動がとても容易になります。もちろんここではGmailとGoogleカレンダーのことを指しますが。
code-snippets-01

2013年夏にGoogle NowにAmazonで購入した商品の配達状況が表示されるようになりました。今では他のECショップ(一部)でもこの連動がされるようになっています。確かにとっても便利です。このようにメールはどんどん進化を続け、単なるテキストではなくなっています。沢山の情報が集積され、多方面からユーザーにアプローチする、そんなツールになりつつあるのだと感じました。

メールは意外と見落としていたのですが、今後Google Nowとの連動も強化されると思いますし、目が離せない存在になりそうです。

アクトゼロ田中