ベネッセ<こどもちゃれんじ>「天才タイプ診断」公開されました!

header

アクトゼロ黒沼です。先日リリースされたベネッセコーポレーション<こどもちゃれんじ>の、おやこみらいひろば内コンテンツ「天才タイプ診断」についてご紹介します。デザインからソーシャル連携部分まで、アクトゼロで制作を担当させていただきました。

コンテンツの狙い

<こどもちゃれんじ>は、ベネッセの0~6歳児向け幼児教育教材です。

0~6歳向けといっても内容は一様ではなく、幼児の成長にあわせて細かく最適化された内容が用意されています。<こどもちゃれんじ>のTOPページには、子供の生年月日を入れることでどのコースを受講すればいいかがわかる機能が用意されています。成長にあったコースをユーザーに受講してもらうこと、教材の内容が本当にこどもに役立つ事を考えて制作されていることをユーザーに訴えているのです。

今回のコンテンツ「天才タイプ診断」の狙いは、この細分化された<こどもちゃれんじ>の内容の紹介を、こどもの行動特性に合わせてどのように役立つかをユーザーに知ってもらうためのコンテンツです。進研ゼミのように中高生であれば自分で回答を選択できますが、当コンテンツの回答は幼児本人ではなく、当然保護者のかたが行うことになります。

診断をスタートすると、最初に診断したいこどもの生年月日を入力するフォームが現れます。これは<こどもちゃれんじ>のトップにあった生年月日入力で受講コースを検索する機能と、このコンテンツ内でその後の質問内容を切り替えることに利用しています。0歳児と6歳児では、当然質問内容が変わってくるのです。

こうして年齢別にわかれた全6問の質問に答えていきます。質問内容は「お子さまが○○のとき、どのように行動しますか?」といったインタビュー形式で行われます。保護者のかたの視点から自分のこどもならどう行動するかと言う、行動パターンを想像しやすい質問形式となっています。

質問の結果は、偉人の性格になぞらえて表現されます。ページ上部では、「疑問への探究心」旺盛なこどもはその探求の熱意をエジソンの幼少期の紹介とともに提示されます。診断結果はボタンひとつでFacebookやTwitter、mixiなどへも共有可能です。
今回はテストとして6歳の子供がいる体で質問に回答していきました。6歳向けの教材は<こどもちゃれんじじゃんぷ>ですが、ページ中程ではこの教材の中で「こどもの探究心」を高める教材について、詳しく掘り下げて紹介しています。こどもの伸びそうな能力に合わせて<こどもちゃれんじ>がどのように役立つか、教材が具体的に解説されるのです。

そしてページ下部では教材詳細ページへのコンバージョンボタンが設置されています。

通常ならば、ユーザーである保護者のかたにWebサイトを読み込んでいただくことで、はじめて理解してもらえる<こどもちゃれんじ>の特長を、当コンテンツは楽しみながらユーザーに知ってもらうことを目指して作られました。
<こどもちゃれんじ>を大げさに演出するのではなく、教材等身大の魅力をいかに保護者のかたに知っていただくことができるかという、正攻法なコンテンツといえると思います。

お子さまが居らっしゃる方は、是非お試しください。あなたの知らないお子様の性格が見えてくるかもしれません。

「天才タイプ診断」あなたのお子さまはどのタイプ!?|<こどもちゃれんじ>