スペーシーなライティングエフェクト!photoshopのチュートリアル

eye-catch

こんにちは。タニグチです。今回は素材を使わず、
心惹かれるスペーシーなライティングエフェクトの作り方を紹介します!

①背景を準備します

背景は黒でも良いですが、今回は暗めの紫にしてみましょう。

(カラーコードは#0f101eです)

space01

背景レイヤーにレイヤースタイルで円形のグラデーションをかけます。

パラメータは↓ぐらいで(お好みで調整して下さい!) 

space02 

space3

こんな感じになったらOKです。次にいきます!

②放射線を描きましょう

新規のレイヤーを作成し、作成したレイヤーにグラデーションをかけます。

space04

今グラデーションをかけたレイヤーにフィルターを追加します。

space05

フィルターは「変形」→「波形」、パラメータは↓こんな感じです。

space06

さて、そこで出来上がったレイヤーに更にフィルターをかけます!

今度は「変形」→「極座標」で…

space07

space08

ここでcontrol+Iで色を反転↓

space09

③ブレンドしましょう

ここまでで背景のレイヤーと放射線のレイヤーができたと思いますが、更に新規レイヤーを追加します。

space10

色は水色です。(カラーコードは#387f8d)

ここで三枚の塗りや重ね方の種類を変え、レイヤーをブレンドします。

space11

放射線のレイヤーは塗りを9%で除算、

水色のレイヤーは塗りを31%でハードライトにしましょう!すると….

012

こんな感じになります!このままでもいいですが、色をもう少し調整しましょうか。

013

トーンカーブで少し調整してみました。雰囲気でてきましたね!

④ここからが本番です。ライティングを足しましょう!

新規のレイヤーを作成し、ブラシで中心に光源を置きます。光源の色は今回はピンク(##FF00CB)でいきましょう。

014

そのレイヤーを塗り80%、ハードライトでブレンドすると以下のようになります。

スクリーンショット 2014-08-11 4.02.24 

更にレイヤーを足します。今度は白のブラシでもう一回り小さな円を中心に置きましょう。

015

こちらの重ね方は不透明度8oパーセントのハードライトです!

どんどんいきます!

シェイプで楕円を描きましょう。

016

この楕円レイヤーの塗りを0%にし、レーヤースタイルの境界線を適用します。

017

次にこのレイヤーにフィルターをかけますが、シェイプレイヤーのままだとフィルターがかけられないので、

control+g→control+Eでラスタライズしましょう!

その後このレイヤーの不透明度を30%まで下げ、フィルターをかけます。

フィルターは「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」で、↓こんな見た目になるように調整します。

018

ラストです。

ブラシで更に小さな光を足しましょう。

地道に足しても良いですが、photoshopのブラシには設定でランダムにブラシを配置する

便利な機能があるので今回はそちらを使います!

細かい調整をするためにまずメニューでブラシのウインドウを出しましょう。

019

今回はこんな感じで↓パラメータを調整しました。

スクリーンショット 2014-08-11 4.49.53

スクリーンショット 2014-08-11 4.49.39

スクリーンショット 2014-08-11 4.50.07

スクリーンショット 2014-08-11 4.50.14

この条件でぽんぽんブラシを置いてみましょう。すると…

スクリーンショット 2014-08-11 5.14.54

ランダムな大きさ、分布で光が配置できました!便利ですね!

さらにこのレイヤーの不透明度を50%にして、ブレンドをオーバーレイにしましょう。

スクリーンショット 2014-08-11 5.14.54 スクリーンショット 2014-08-11 5.15.24

上手く馴染みました!細かい調整はお好みで!

いかがでしたか?素材が無くても基本的な機能のみでここまで美しい表現ができる…

photoshopは本当に奥が深いですね!使いこなせる日まで精進します!