3D Illustrator

ロゴ作りに役立つ!イラストレーターの3Dマッピング機能

12

こんにちは、コバヤシです。

先日、イラストレーターの3Dマッピング機能を初めて使ってみたら面白かったのでご紹介させて頂きます。今回は下記のようなミラーボール風のアイコンを作ってみたいと思います。

※制作にあたり、「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 」書籍の「メタリックな質感の球体ロゴマーク」の項目を参考にしています。

01

これを1から手で作るとなると、できないことはありませんが、カーブに添って四角を変形させるところなど、ある程度デッサン力が必要になってくるのではないでしょうか。
私はその力がありませんのでこのマッピング機能にあやかることにします!また、自分で書き起こすより何倍も簡単に作れると思います。
それでは順を追って説明していきます。

1.まず最初に、球体にマッピングさせる元の画像を作成します。今回でいえばミラーの集合体です。
[長方形ツール]でSiftキーを押しながらドラッグして正方形を作成します。色はあとで変更するので何色でも構いませんが[線色]はなしにしておきます。
ここではグレーで作成しています。

02

 

また、今後のことを考えて、色違いも作成しておきます。

02

 

 

2.そしてこの正方形のコピーを大量に隙間なく並べます。一度コピー&ペーストしたら、Ctrl+Dを駆使すると簡単です。
 なるべく多めに作成するのがポイントです。

03

 

 

3.このオブジェクトを[シンボル]パネル内にドラッグ&ドロップします。パネル内に登録されたのを確認したらアートボード上のオブジェクトは削除します。これで元の画像はできました。

04

 ※「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 【CS6/5/4対応】 」P146、⑥の手順を参考にしています。

 

 

4.[楕円形ツール]でshiftキーを押しながら正円を描き、[ダイレクト選択ツール]で左のアンカーポイントを選択し、削除します。

12

※「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 【CS6/5/4対応】 」P146⑦の手順を参考にしています。

 

 

 

5.半円形を選択している状態で、[効果]メニュー→[3D]→[回転体…]を選択します。ダイアログが表示されますので下記のように設定します。
(角度はお好みで構いません。遠近感は少し付けあげるとよりリアルかと思います。表面:陰影なし)

その後、マッピングをクリックしてシンボルのプルダウンの中から、今回作成したシンボルを選択し、プレビューを見ながら大きさ・位置を調整します。

04

05

   ※「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 【CS6/5/4対応】 」P147、⑧⑨の手順を参考にしています。

 

 6.適用後、[オブジェクト]メニュー→アピアランスを分割して、[パスファインダー]パネル→[刈り込み]を実行します。

06 

※「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 【CS6/5/4対応】 」P147⑨の手順を参考にしています。

 

 

7.[ダイレクト選択ツール]でミラー各々をランダムで色付けします。(この色付け作業をしやすくするために、1の段階で2色にしました)

07 

 

 

8.上から同じ大きさの正円を作成し、[塗り]を白→透明の円形グラデーションにします。
  [グラデーション]ツールで光の当たる位置を調整します。 

09 1008

 

 

 

9.最後に背景、キラキラをあしらって完成です。今回のキラキラは、白の四角形を作成後、[効果]メニュー→[パスの変形]→[パンク・膨張]でマイナスにすると簡単に作成できます。

 

11

01

このマッピング機能を応用すれば、地球なども簡単に作成できます。

26

参考書籍

読者の皆様へ

(2014/03/25) この記事は、公開当初の内容から変更されています。

公開当初の記事では「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック」の「メタリックな質感の球体ロゴマーク」項目を、ほぼそのままの手順で公開しておりました。書籍の各関係者様より記事内容が書籍のコンテンツとほぼ同一内容で無断転載にあたるとのご指摘を受けたため、作例などの部分で当初公開されていた内容から大幅に加筆・修正されています。ご関係者様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。

ひきつづき、同様の事態が起きないようブログ運営体制を改めてまいります。

(アクトゼロブログ運用担当:黒沼)