あなたの写真をオシャレなレトロピンナップにするチュートリアル

543_3-2

こんにちは、あゆこです。

今回は(個人的な趣味で)素敵なお姉さんのピンナップをつくる
チュートリアルに挑戦しました。

完成図はこんな感じです。

6-7

(一番下にお知らせもあるので読んでいただけますとありがたいです)

下準備

 まずモデルの画像を準備します。

画像はこちらからお借りしました

  0

by Moira_Fee

ここからモデルを切り抜きます。

自動選択ツールやクイック選択ツールを使うのもありですが、
今回はぐぐっとアップにして多角形選択ツールで選択し、
切り抜いていきます。

1-1

ざざざっと切り抜いたら、
レイヤーをCtrlを押しながらクリックし、
選択モードにしながら「境界線を調整」で良い具合に境界線を調整します。

1-3

あとは明るさや配置などを調整してあげて、
下ごしらえ完了!
このとき、肌のテカリなどがあまり強くない方がいいです。

1-4

背景をつくる

(1)モデルのレイヤーの下にレイヤーを一つ追加し、#dbd1b6 で塗りつぶし
(2)メニューから、フィルター > スマートフィルター用に変換 を選ぶ
(これをしておくと後からスマートフィルターが調整できるので、ラスタライズより便利ですね)

2-3.5

(3)メニューから、フィルター > フィルターギャラリーを選ぶ
(4)テクスチャのテクスチャライザーを選び、下記のように設定

2-4

(5)もう一回メニューから、フィルター > フィルターギャラリーを選び、
  ブラシストロークのはねを選択、下記のように設定

2-6

するとこんな感じになります。

2-7

ビンテージっぽい質感を出すために、もう一工夫。

(1)モデルのレイヤーと下地レイヤーの間に、新規レイヤーを一つ追加
(2)ソフトブラシを選び、黒(#000000)で染みっぽい模様を描きます

3-1

(3)そうしたらレイヤーの描画モードをオーバーレイに変更。

3-3

人物の質感を作る

 モデルのレイヤーを2つ複製します。
この時、一番上のレイヤーはまだ使用しないので非表示にしておきましょう。

4-1

増やした一つ目のモデルの色調補正を調整します。

色調補正 > 自然な彩度
を選んで、下記のように設定してください。

4-3

こんな感じになります。

4-4

そうしたら先ほど非表示にしていた一番上のモデルを表示させ、
編集していきます。

(1)メニューから、フィルター > スマートフィルター用に変換
(2)フィルター > フィルターギャラリーを選ぶ
(3)アーティスティックのエッジのポスタリゼーションを選び、下記のように設定

4-5

(4)レイヤーの描画モードを「ソフトライト」に。

4-6

(5)フィルター > ノイズ > ノイズを加える

5-2

5-3

仕上げに、影を足していきましょう。
一番最初に作ったモデルさんのレイヤーに
黒(#000000)でカラーオーバーレイします。

影に見えるように変形していきましょう。
(1)Ctrl+T(自由変形)を押して、Ctrlを押しながら
  バウンディングボックスをちょちょっといじってあげます。

5-4

(2)例のごとく フィルター > スマートフィルター用に変換
(3)フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)で、下記のように設定

5-6

(4)影のレイヤーをCtrlを押しながらクリックし、
  maskでベクトルマスクを追加。
  グラデーションツールgraで色味を黒から白へgra2設定し、
  日が照る方から影の方にグラデーションをかけてあげます。
  (この辺の詳しい手順は前回のチュートリアルをご参照ください)

(5)影らしく見えるよう、不透明度を下げてあげます
  (今回は20%に設定しました)

5-10

テキストを足す

 お好みのテキストを足します。
ちなみに今回のテキスト色は#396e7dで設定。

6-1

そうしたらテキストのレイヤースタイルを変更していきます。
ブレンド条件の「下になっているレイヤー」の、右側のsankaku
altを押しながら左にドラッグ!

下記のように設定してください。

6-2

6-3

全体に紙の質感を足す

 さてさて最後の仕上げです。
お好みの古い紙テクスチャをお持ちください。

6-4

一番上のレイヤーとして追加し、レイヤースタイルを変更します。

今度はブレンド条件の「このレイヤー」をaltキーを押しながら左にドラッグ。
下記のように設定してください。

6-5

変更したら描画モードを「オーバーレイ」にし、
不透明度を適当なところで調整してあげれば完成です!!!

6-7

いやーお疲れ様でした。
お好みによってはトーンカーブなどで調整してあげてくださいね。

ちなみにこちらの動画を参考にさせていただきました。

(おまけ)

 ここまで読んでくださってありがとうございます。

このチュートリアルを読んで
「おもしろい!」「つまんない!」「自分だったらもっとうまくできる!」
いろいろ感じてくださったそこのあなた!!

アクトゼロでは今、デザイナー仲間を募集しております。

アクトゼロではただいま「Webデザイナー」の採用活動を行っています。

2013/08/20~2013/09/02 の期間限定となっております。
新卒・中途は問いませんので、ぜひぜひお気軽にご連絡くださいませ~。