自分にあったRSSリーダーってどんなのでしょう?

eye-catch_20130326

googleリーダーが7月1日に終了します。 理由は利用者数が減ったため。それでも、この話題とともにRSSリーダー移行について盛り上がっています。 「feedly」が48時間で50万人の新規ユーザーを獲得したり、さっそくユーザーは移民を始めています。 RSSリーダー系といっているので、目的ははっきりしてますが、操作感、多機能か単機能か、UIで自分好みがありますので参考になればと少しまとめました。

そもそもリーダーはgoogleリーダーだけではないし、既に有名なものもあります。以下はとりあえず、代表的なものとしてあげて見ます。

  • LDR(livedoorReader)  ……ライブドア製のリーダーサービス。ピンを立てて後で読むというのが意外と便利で、モバイルにも対応
  • feedly ……googleリーダー民が一斉に民族大移動しているサービス。シンプルな使い勝手良いそうです。
  • feedspot  ……こちらはショートカットキーがあるので、キーボード操作したい方には良いかもしれません。
  • Flipborad ……ソーシャルニュースマガジンという名の通り、雑誌のようにネット記事を読めるアプリ。googleリーダーにも対応していたりと個性派。
  • feedDemon ……多機能なRSSアプリ 米ライフハッカーでも絶賛だそうな。podcastも自動ダウンロードできる。

とりあえずこのくらいでしょうか。その他こちらのサイトでも紹介がありました。 googleリーダーの代わりとしてチェックしておきたい5つのRSSリーダー 

実際、あげたら20以上は同様のサービスがあります。このページで名前を見ても13個はあります。

前置きは長くなりましたが、そこから自分がおすすめしたいリーダー系サービスを紹介。

Rolio

Rolio

シンプルなRSSリーダーに ツイッター、facebookのタイムラインを併せて表示できます。 上記は登録画面ですが、使用感も大体同じインターフェイスです。日本語対応はまだですが、シンプルなインターフェイスなので、 そこまで戸惑うことはないかと思います。 画面右下にもこれから、モバイル対応しますという項目があるので、 複数のアプリを立ち上げたくない方はぜひチェックを!

NetVibes

http://www.netvibes.com/ja-jp

リーダーというより、もう”何でも屋”に近いサービス。 上記のリンクから飛んだページにデモがあります。 無料プランと有料プランがあります(有料は月額499ドル) 無料で使える機能ダッシュボードとリーダー機能となっています。

サンプル画面

これはダッシュボードのウィジェット画面で、自分好みに併せて、twitterやfacebookのウィジェットを足していくことができます。igoogleやmy yahooをイメージするとわかりやすいかもしれません。

そして、画像の上にあるリーダーとの切り替えを行えば、

シンプルなRSSリーダーに早変わり。恐ろしいほどの高機能っぷり。

ウィジェット数も豊富で、メールも閲覧可能。igoogle廃止時での移民先もここが特に候補が上がっていました。

NetNewsWire

NetNewsWire

PC版画面


iphone版

Apple専用のリーダーアプリ。 mac,iphone,ipadとモバイルにもしっかり対応しています。 こちらもシンプルなインターフェイスなアプリケーションです。  

webアプリではなく、デスクトップアプリで使用したい方にはオススメ。もちろん,googleリーダーからも同期OK!

番外編

googleカレント

App Storeへ   google Playへ

google提供のリーダー系アプリで、 flipboard同様、コンテンツを雑誌風に表示するのが特長。

  • googleリーダーと同期可能
  • 英語サイトを最初から翻訳登録しておくことができる。

まだまだ発展途上で進化していくアプリです。モバイル専用ですが、タブレットを使用している方はとりあえず入れておいて損はないかと思います。

まとめ

種類はたくさんあるし、全部を試すには一苦労ですが、

しかし、アナログでも使いやすい筆記用具があるように、デジタルでも使いやすいもので情報収集ができれば捗ると思いますので、色々試して情報を上手に見ていければと思います。