Facebookチェックインクーポンを自分の店で使う前に、今日やっておくべき「Facebookスポット登録」解説

spot

こんにちは、アクトゼロ黒沼です。デベロッパーズノートです。

Facebookチェックインクーポンが、アメリカ・欧州地域についで日本でもサービス提供スタートしました。まずは、みんなが知ってるメジャー企業からの先行スタートとなりました。Facebookチェックインクーポンは米国内ではすでに、店舗さえあれば誰でも自由に無料で発行できる状態になっているので、近く日本でも同様の条件で、一般店舗向けに公開されるものと考えられます。

Facebookが位置連動クーポン「Facebookチェックインクーポン」

【アパレル】

・adidas(アディダス ジャパン) 
・GAP(ギャップジャパン) 
・サカゼン・ゼンモール(坂善商事) 
・SLY(バロックジャパンリミテッド) 
・UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ) 
【コンビニ】
・Family Mart(ファミリーマート) 
・MINISTOP(ミニストップ) 
・LAWSON(ローソン) 
【フード】
・Domino’s Pizza(ドミノ・ピザ・ジャパン) 
・日高屋(ハイディ日高) 
・しゃぶしゃぶ温野菜(レインズインターナショナル) 
【その他】
・Disney Store(ウォルト・ディズニー・ジャパン) 
・TIPNESS(ティップネス) 
・富士急ハイランド(富士急ハイランド)

それぞれの店舗で使えるクーポンの内容については、ここが一番良くまとまっています。↓
facebookチェックインクーポンの対象企業・店舗一覧【画像・リンクあり】

いちユーザーとしてのクーポンの使い方や、Facebookチェックインクーポン自体の概要については、公式サイト説明に詳しいので割愛します。
今日は自分でお店をやってる方が、このサービスを使ってクーポンを公開するために必要な、前準備Facebookスポット登録に関して解説します。

Facebookスポット登録

Facebookチェックインクーポンを発行する前に、すべての店舗はまずFacebookスポットに自分の店舗を登録し、自分がFacebookスポットのオーナーであることをFacebookに申請する必要があります。なぜこの記事が、「今日やっておくべき」と言っているかというと、申請から承認されるまで3営業日かかることと、申請が殺到することで承認待ちに巻き込まれる可能性があるからです。ね?今日やっときましょう。以下のフローで進めます。

  1. 自分の店舗が、Facebookスポットに登録されているか確認する。
  2. 登録されていない場合iPhoneもしくはAndroid用Facebookアプリを利用して登録を行います。
  3. 登録されたスポット情報のオーナー申請を行う。

1.自分の店舗が、Facebookスポットに登録されているか確認する。

Facebook上部の検索窓から、自分の店舗の名前で検索します。検索結果の「スポット」の中にちゃんと自分の店舗が表示されている場合(押して本当に自分の店舗か確認しましょう)、あとはオーナー登録申請するだけです。
もし「スポット」の欄に出てこなかったら、次の手順で登録を行いましょう。

2.Facebookアプリを利用して登録を行います。


スポット登録作業は、iPhoneAndroidのスマートフォンのGPS機能を使って行います。スマホにFacebookアプリをインストールして実際にお店に行きます。登録手順はこちらの通り。やってみると意外と簡単です。登録作業は基本的に店舗現地で行う必要があります。例はiPhone版のアプリです。

3.登録されたスポット情報のオーナー申請を行う。

検索でたどり着いたスポットページにアクセスします。左下のこのスポットのオーナーの方をクリックします。

オーナー設定を進めていきます。

必要情報を記入して続行していきます。

上下どちらかの認証方法で送信します。メールでの認証を行う場合、次の方法で自分のアカウントのメールアドレスに店舗用メールアドレス登録していきます。

右上の[アカウント]から[アカウント設定]を選びます。

↑ここです。店舗のメアドを登録しましょう。

まとめ

以上で、登録作業は終了です。無事登録できたでしょうか?ちなみにアクトゼロのオーナー申請をしたところ、6時間後に登録完了メールが届きました。予想より早かったです。

Facebookチェックインクーポンの登録が、一般に開始するのを楽しみに待ちましょう。皆さんのお店に、クーポン持ったお客さんがたくさん来ますように!