Photoshop

フォトショップのレイヤースタイルだけでクレヨン風なタッチに!

eye-catch

こんにちは、haruです。
仕事も始まって一週間、皆様本調子が戻ってきた頃合でしょうか?
まだまだ冷え込む今日この頃ですが、体に気をつけて今年も頑張りましょう! 

さて今回はレイヤースタイルだけで文字やシルエットのイラストを
クレヨン風なタッチにする方法を紹介します。

クレヨン風なタッチにしたい文字やイラストを用意します。

今回はシンプルな点線を用意しました。
なお色は何色でも大丈夫です。

点線のレイヤーに下図のようにレイヤースタイルを設定します。

ポイントは塗りの設定を0%にし、ノイズの設定を加えることです。
この設定の数値を足すと一気にかすれたような質感に簡単になります。
【光彩内側】を設定することでイラスト内側に質感や色を足し、
【ドロップシャドウ】でイラスト外側に質感や色を足しています。
今回はどちらも同じ色にしてみました。
出来上がった点線がこちら。
 

基本的にはこの二つにさらに【光彩外側】で変化をつけるとよりバリエーションを出せると思います。

 

レイヤー効果をいろいろ試してみました。

今度は文字にいろいろレイヤースタイルを設定してみます。
 

①上と同じように【光彩内側】と【ドロップシャドウ】が同じ色。
②【光彩内側】と【ドロップシャドウ】の色味や幅を変えてみる。
③【光彩内側】と【ドロップシャドウ】にさらに 【光彩外側】の設定を足してみる。
④3のドロップシャドウの【距離】や【角度】の設定を加える。
 

また文字だけじゃなくてシェイプなどにも簡単に設定できます。

こちらは上の2の 【ドロップシャドウ】【距離】や【角度】の設定を加えてみたもの。
下地に紙などの質感があるベースをしいてあげるとより雰囲気がでます。

簡単に設定できてかつ応用が結構きくので便利です。
手書き風やぬくもり感のあるデザインに使えるかと思います。