GIF.Photoshop

【基礎チュートリアル】Photoshopタイムライン機能の使い方

eye-catch

お疲れ様です。タニグチです。

今週もGIFアニ作成のチュートリアルを紹介します。

今回作るアニメはこちらです。

荳也阜蟷ウ蜥後€€PSD

この動き、地味ですがテキストのサイズ、位置の変化がフレームアニメーションのトゥイーン機能では作れない為、なかなか難しいです。

今回はタイムライン方式を使いました。やってみましょう。

 

キーフレームを設定します。

まず、タイムラインの時計マークをクリックし、

 

01
トゥイーンの設定の時と同じように、始点、終点の大きさや不透明度を設定します。

【0秒の時】

テキストのサイズをとても小さくし、不透明度も0にします。

03

 

【1秒の時】

テキストのサイズを最大にし、不透明度を上げます。

04

 

 

アレンジしましょう

フレームアニメーションのトゥイーン機能の違う点としては、始点、終点だけでなく、中間の位置の指定や、細かいパラメーターの指定ができる点です。
今回は15fの点で少しテキストを上に上げ、地球を飛び越えてくるような動きにしました。
03

フレームアニメーションと、タイムライン方式、ケースバイケースで使い分けられると便利ですね。