イラレで作る!グランジ風の文字あしらい

eye-catch

こんにちは、haruです。
桜の季節になり、暖かくなってきましたね、まったりのんびり過ごしたい今日この頃です。

さて今回は下のような文字周りに筆でザッ!と書いたようなあしらいのつけ方をイラレで紹介します。
ちなみに環境はCS5です。

グランジ

1.あしらいを足したい文字を入力し、文字詰めなどの調整後アウトライン化する

あしらいを足したい文言を用意し、文字詰め→アウトライン化します。
ちなみにアウトライン化のショートカットは【Ctrl】+【Alt】+ Oです。

01

 

2.アウトライン化した文字にグランジの効いた線をブラシ設定する。

選択ツールのオプションのブラシ定義から選択します。

02

CS5限定かもしれませんが元々ブラシライブラリに入っている【アート_木炭・鉛筆】に入っているブラシが個人的にお気に入りです。 

03

 

下のはその【アート_木炭・鉛筆】に入っているブラシを適当に2枚重ねて好みの感じになるまで調整しました。
塗りも線も黒の状態です。
04.5
塗りを白にすると下のような状態になります。
この状態で透過処理して使用しても良いかと思います。
(透過処理については最後に記載します)
が、今回はさらに処理を加えていきます。
 
04
 

3.文字がずれたような加工を加える。

文字を同じ位置に複製※し、線をなし、塗りを白にします。
そのレイヤーを【オブジェクト】→【パスのオフセット】で一回り白の面積を多く増やします。

※同じ位置に複製のショートカットは【Ctrl】+【Shift】+Vです。

05.5

 

さらにこのレイヤーに1.の状態のレイヤーを同じ位置に複製し、
ほんの少し文字がずれたように位置を調整します。

05

これでだいたい完成ですがこのままだと白い背景でしか使えないので透過処理をします。

4.透過処理をする。

一番上の1の状態の黒文字レイヤーを非表示にし、残った白のレイヤー、黒のレイヤーを
それぞれ
【オブジェクト】→【アピアランスの分割】をし、さらに【パスファインダー】→【形状モード:合体】させます。
合体させた白のレイヤーを合体させた黒のレイヤーに重なった状態で【パスファインダー】→【形状モード:中マド】で抜きます。

最後に再び黒のレイヤーを表示させれば透過処理も完了です。
 
このデータをPhotoshopに移してさらに掠れた質感のブラシでマスクをかけてあげるなどの
グランジ加工を加えてあげるとより荒々しい感じに仕上がります。
グランジ 
デザインのワンポイントにぜひ試してみてくださいね!