海外バイラル動画広告2014年8月事例まとめ(ジョニーウォーカー/OLD NAVY/BMW/NINTENDOほか)

jude

金曜日のネットマーケティングレポートをお送りします。
アクトゼロの黒沼(@torukuronuma)です。

今週もバイラル動画が豊作だったので、海外で話題になった動画広告をまとめてご紹介します。ウィスキーのジョニーウォーカーらしいリッチな動画広告や、ファストファッションブランドOLD NAVYのミュージカル広告、BMWの性能を遺憾なく発揮した街頭でのスーパードライブなど、さまざまな動画広告が話題を読んでいます。

JOHNNIE WALKER BLUE LABEL presents Jude Law in ‘The Gentleman’s Wager’

ジョニーウォーカーの最上級ライン「ブルーレーベル」はグローバル向けの動画広告として’The Gentleman’s Wager(紳士の賭け)’をアップしました。映画俳優のジュード・ロウとジャンカルロ・ジャンニーニによる、贅沢なショートムービーです。動画の尺は6分半ほどですが、ブルーレーベルのブランドを消費者に印象付けるには充分なストーリーとなっています。穏やかな海の上、美しいボートの上でブルーレーベルを楽しむ二人の男。男の片方が切り出す「このボートがほしい」のひとことから物語は動きだします。

2014/7/29公開から2週間ほどで700万再生を達成。字幕は、ギリシャ語・スペイン語・タイ語・チェコ語・ドイツ語・ベトナム語・ポルトガル語・日本語と、完全にグローバルターゲットで作られた動画であることがわかります。

Unlimited(Old Navy)

子どもたちに人気のファストファッションブランドOld Navyは、バック・トゥ・スクールシーズン(夏季休暇明けの学校再開)に合わせて、休み明けの初日の憂鬱な子どものきもちにフォーカスし、彼らを励ますようなミュージカル調の動画広告を制作しました。テレビ広告の予算の一部をオンライン動画制作に振り分けることで、テレビ以外でユーザーが見たいと感じてくれるものを提供することを目的としていると、OldNavyのCMOがインタビューに答えています。アナと雪の女王のLet it goの成功などから、音楽という表現が視聴者の心に強く訴えることができるのではないか考えているとのことでした。

アメリカのディズニー・チャンネルで流れるティーン向けドラマやgleeのようなスクールミュージカルを強く意識して作られたこの動画広告は、公開から2週間ほどで500万再生を獲得しています。UnlimitedはiTunesで購入することも可能です。

The Epic Driftmob feat. BMW M235i

BMWのクーペ M235iのドライビング性能を示すため、この動画広告は作られました。街なかで集団で踊り出したりするサプライズ「フラッシュモブ」に准じて、「ドリフトモブ」と名付けられた今回のプロジェクトでは、公共のラウンドアバウトを封鎖し、ハリウッドのスタントドライバーたちを採用して、スーパードライビングパフォーマンスサプライズが行われました。

公開2週間で1,200万再生を達成。力強い走りは、この新型クーペの性能を多くの視聴者に印象付けました。

Ocarina of Time 3D – Robin Williams Commercial

そしてこの動画が多くのユーザーに視聴されました。3DS向けゲームソフト「ゼルダの伝説時のオカリナ」のCM動画です。大のゼルダシリーズファンで知られるロビン・ウィリアムスと、その娘ゼルダ・ウィリアムス(もちろん名前はゼルダの伝説の登場人物ゼルダ姫から取られています)が共演したこの動画は、ロビン・ウィリアムスの訃報とともに多くのゲームファンにシェアされました。

公開から三年を経て改めて拡散される動画広告も珍しいですが、この親子の仲睦まじい様子が描かれる動画広告のコメント欄は、おおくの追悼メッセージであふれています。彼の最期のニュースが報じられて以降、この動画だけで70万再生、SNS上では1,000を超えるシェアが行われています。それではまた来週末に。

ロビン・ウィリアムズさん最期の投稿

ロビン・ウィリアムズ最期のInstagram投稿は娘の誕生日を祝うものだった。