YouTube 動画広告

2015スーパーボウルCMから厳選してお届け!傑作動画広告10選!

d

アクトゼロの黒沼(@torukuronuma)です。

2015年2月2日アメリカンフットボールの祭典スーパーボウルが開催されました。今年のテレビ視聴率は49.7%を記録したそうです。毎年試合内容と同様に注目されるのが、放送の合間に流れるコマーシャルです。各社の力の入ったコマーシャルの中から、日本人でも楽しめそうなものを10作品ご紹介します。

Official Coca-Cola “Big Game” Commercial 2015 #MakeItHappy

ネット上での悪口で傷つく人々。管理人がサーバールームでコカ・コーラをこぼしたことで始まる奇跡。SNS炎上騒ぎは世界共通なので、ネタの取り上げ方が今っぽいCMです。

McDonald’s: Super Bowl XLIX Pay With Lovin’

マクドナルドの店頭でいつもの様に注文する人たち。店員が言います。お支払いは「あなたの母親に愛してる」と伝えることでお願いします。身近な人に愛情を伝えることで、店頭での支払いがただになる。マクドナルドの粋なキャンペーン。

Official 2015 Dodge Super Bowl Commercial | Wisdom | #DodgeWisdom

自動車メーカー「ダッジ」の100周年を記念したコマーシャル。約100歳のお年寄り達にインタビューを行います。「今を生きることよ」「人生は素敵なもの」「奇跡はいつもあなたの直ぐ側にある」など人生の教訓が続きますが後半には熱いメッセージに一変。「人生に文句を云うな」「ペダルを踏み込め!」100年を経てなお力強い老人たちのメッセージを通して、ダッジの「歴史を重ねても、ぬるくない」ブランドイメージを伝えています。

The OFFICIAL Victoria’s Secret Commercial from Superbowl XLIX

ビクトリアシークレットのいつもの感じ。「シンガポールからストックホルムまで、このバッグの中に魔法が入ってることをみんな知っている」

Sprint’s Super Apology

ソフトバンクが買収したことで、日本でも有名なSprint。スーパーボウルに合わせて、競合の通信会社、ベライゾンとTMobileに向けて通話料半額にしちゃう「スーパー謝罪」動画を放映しました。子羊のようなおたくらから顧客を狩るよ、どっちかというとあんたらはロバ(のろま)だけど。というかなり挑発的な広告。

Pepsi Super Bowl 2015: Halftime Touches Down (Official) | Hyped for Halftime | Pepsi

UFOが吸い上げるPepsiの自販機。同じく青いものをドンドン吸い上げていきます。地上に降りてきたこの巨大な円盤の正体は…。

Game of War – 2015 Super Bowl Commercial “Who I Am” ft. Kate Upton

人気スマホゲームの世界観を壮大なスケール感で再現したCM。人気モデル「ケイト・アプトン」を登場人物に見立てたシリーズはこのCM以外にもたくさん作られていて人気をよんでいます。

When Pigs Fly

ドリトスのCM。「ドリトスくれよ」「ぶたが飛べたらやるよ」という、軽いやりとりから始まる少年のチャレンジ。

2015 Budweiser Super Bowl Commercial “Lost Dog” | Budweiser #BestBuds

クライスデール種の馬の牧場で迷子になってしまった子犬。なんとか牧場に戻ってきますが、子犬に危険が迫ります。

Official 2015 Jeep Super Bowl Commercial | Beautiful Lands | Jeep Renegade

美しい世界の風景を切り取ったJeepの動画広告。歌詞の内容もとても美しいです。世界の風景とともに、世界の文化もまた綾となって一つに描かれていきます。

スーパーボウルの広告枠は、全てのテレビCM枠の中で最も広告掲載料が高いそうで、広告主にとっても特別にちからの入った広告作品が集まります。お気に入りの作品はあったでしょうか?

[アクトゼロ/黒沼(@torukuronuma)]