日本で最も南にある宮崎県のスキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」のバイラル動画マーケティングがすごい

gh

アクトゼロの黒沼(@torukuronuma)です。

寒くなってきましたね。今日は、日本で最も南にある宮崎県のスキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」のバイラル動画をご紹介します。

gokase

五ヶ瀬ハイランドスキー場は、スキーシーズンの始まりに、大量のバリエーションを持ったCMを流すことで知られており、そのユニークな内容でネット上にも多くのファンを抱えている、ローカル企業としては異例のバイラル動画マーケティング先進企業です。まずは2014年冬に放映されたCMを一挙にどうぞ。

五ヶ瀬ハイランドスキー場 2014シーズンCM

彼氏(てっちゃん)視点で、南ちゃんと会話するという一連の流れと、コピーによって構成されたCMたちです。南ちゃんがエッチなCMと言っているのは2013年に放映されたこちらのCMのことで様々な反応があったようです。(ひどい)
「宮崎県にあるスキー場」だということ、「日本で一番南のスキー場」だということ、「天然雪であること」を繰り返し伝えつつ、あざとい南ちゃんとてっちゃんのストーリーで、ネット上でも大きな話題を呼びました。公開から1年で40万再生。

そして今日2014年12月5日五ヶ瀬ハイランドスキー場がシーズンOPENしました。最新の2015シーズンCMがこちらです。

五ヶ瀬ハイランドスキー場 2015シーズンCM

人気だった2014年を踏襲しつつ、今年はさらに新・南ちゃんの登場で二人の南ちゃんの間で揺れ動くてっちゃんのストーリーは続きます。公開10日目ですでに5万再生を超えています。

予算じゃないアイデアだ

スキー場というビジネスは、シーズン限定であり、その時期の認知獲得が特に重要な業種です。五ヶ瀬ハイランドスキー場は、限られた予算の中でも自然と「拡散の自走」が期待できるくらいコンテンツにエッジを立てることで、バイラルを狙っておこしているのがよくわかります。これらのCM動画はローカルTV上でも、もちろん放映されているものですが、ネット上で初めてこの動画によって宮崎にスキー場があることを初めて知るユーザーも多いはずで、ある意味全国的な露出を実現しています。スキー場の利用者が若年層で、年々テレビではリーチしにくくなっているそうであることを考えると、ネット動画を使った、こうした取り組みはとても理にかなったものに見えます。

動画のクリエイティブも、美人+外ロケという低予算で可能な最低限の「映像コンテンツの強さ」と、エッジの立ったコピーの組み合わせで、充分に見る人を楽しませるものになっています。「雪道コワイ」や「いきなりBAN」で話題になったAUTOWAY(福岡県)もそうですが、アイデアの力でネット動画を上手く活用し、自社の認知拡大を行っていく地方企業に注目が集まっています。

[アクトゼロ/黒沼(@torukuronuma)]